アマチュア無線って何なの?

ざっくり言えば、アマチュア無線とは非営利の趣味(ホビー)無線です。アマチュア無線は昔から「趣味の王様」などとも呼ばれていますが、その理由は下記のようなものだと考えられます。

免許、すなわちライセンスが必要な趣味は、ハンティングといったものや、ヨットやボートなどのマリンレジャー、はたまたヘリや自家用軽飛行機など世の中にたくさんありますが、このうちアマチュア無線は最も手軽に安い費用でだれでもどこでも楽しめることが出来ます。

おそらくそれこそがlicenseが必要なことに加えて「趣味の王様」と言われる所以でしょうね。

アマチュア無線の免許は国家試験もしくは、養成講習会にて取得ができます。そして、無資格および無免許で使うと罰則のある大変厳しい無線でもあります。

正当に資格を取得した人は「アマチュア無線技士」と呼ばれ、アマチュア業務が許されます。3,4級は初級アマチュアと呼ばれ1,2級は上級アマチュアと呼ばれますが、級の違いにより、使える周波数や送信出力の違いがあります。

アマチュア無線と日本の歴史

さて、米国では大正3年にARRL(米国アマチュア無線連盟)が生まれ、3年後には会員数は実に4000名を突破するなど活発にハムが文化として根付き始めました。0-91一方、そのころの日本ではまだまだ「アマチュア無線家」は数えるほどしかいませんでした。というより、大正4年には無線電信法が施行されましたが、正式なアマチュア無線の免許制度はまだ存在しておらず、実質的には許可を得ない個人の電波の発射はアンカバーとなっていました。

そしてこれらの個人局は当局から摘発されていきましたが、日本で最初にアマチュア無線の免許を発効したのは昭和2年9月ですから、これ以前の通信はすべてアンカバー扱いで、大正4年が正式なアマチュア無線の発足なのか、それとも後年の昭和2年なのかは議論の分かれるところです。

この当時にアンカバーとして活躍(!?)した無線家たちにはソニーの創業者等、放送局関係者など技術人たちがやはり多くいました。その後、大正15年(昭和元年)になると日本でもJARL(日本アマチュア無線連盟)が発足することになります。

その後、戦争がはじまりますが、戦時中は当然ながらアマチュア無線家の自由な通信は政府の方針によって厳しく規制され、アマチュア無線家たちの無線機には当局から封が貼られたとのことです。一方では、アマチュア無線家が「国防無線隊」として徴用され軍の演習に通信訓練で参加するなどの活動を行っていました。

参考文献 アイコム公式サイト

https://www.icom.co.jp/beacon/backnumber/electronics/002.html

 

アマチュア無線の資格はだれでも受験できるの?

もちろんです!学歴や年齢、業務経験の有無などで受験を制限する身分差別等はありませんから、ニート、子供から大人、人生の大先輩まで皆さん取得されています。さらに、日本国籍以外の方も取得可能です。

ただし、制限として「著しく心身に欠陥があって無線従事者たるに適しない者」は、電波法により免許を与えられません。電波法上の罪を犯し罰金刑以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は受けることがなくなった日から2年を経過しない者も、与えられないことになっています。従事者免許は一度取ると、教員免許と同じく一生涯有効ですから安泰(!?)です。

アマチュア無線をなぜハムと言うの?

ハム(Ham)といえば、おなじみ”アマチュア無線家”のこと。人気のアニメ映画「崖の上のポニョ」では、お肉の「ハム」と無線家の「ハム」をコラボさせた高度なギャグが話題になりましたよね。

でも、なぜアマチュア無線家が「ハム」と呼ばれるのかについて諸説があり「これだ」と言える確定的な理由はわかっておらず、各人がそれぞれの説を支持しているようです。

本当に諸説入り混じっており、どれも信憑性が高く(!?)興味深いお話です。

ただ、日本ではアマチュア無線を単にハムと呼びますが、アメリカなどでは「Ham radio(ハム・レイディオ)」と呼ぶのが一般的です。参考サイト様 「各種ハムの語源について」
http://home.att.ne.jp/sea/upi/newpage9.htm

アマチュア無線の関連団体と役所

総務省総合通信局

電波行政を司っており、私たち無線家に免許とコールサインを発給したり、不法局の取り締まりに従事する役所です。アマチュアだけでなく、業務無線一般やテレビやラジオの電波も所管しています。

日本無線協会 

アマチュア無線や特殊無線技士などの業務無線資格に関する国家試験を実施する団体です。

JARL

一般社団法人「日本アマチュア無線連盟」のこと。アマチュア無線家の相互交流に寄与する無線家の自主組織です。1926年に任意団体として設立され、現在は社団法人として活動しています。

日本の一般社団法人で、アマチュア無線の発展に寄与することを担うのが日本アマチュア無線連盟JARLです。多くのアマチュア無線家が入会して、実際のハムが主体となっている組織です。

しかし、アマチュア無線を開始するにあたって、絶対に入会しなければならないことはなく、交通安全協会と同じで任意です。入会するとQSLカードを転送してくれるなどのメリットがあります。

入会は公式ホームページ上から申し込めます。JARLの会員には准会員と正会員があります。

会員は、アマチュア無線局を開設している者による正員(個人、もしくは社団)と、開設していないが、アマチュア無線に興味を持つ個人である准員、正員と同居している家族(配偶者・親子・兄弟姉妹)であり個人アマチュア無線局を開設している家族会員、連盟の趣旨に賛同し連盟の事業を援助しようとする個人・法人・団体による賛助会員に分けられるとのことです。

8万円を前納すると、その後の会費が無料になるという終身会員制度は多くの会員の獲得を得ました。しかし、残念ながらこの終身会員制度は2010年に積立金運用が困難になり終了しています。

JARL公式サイト http://www.jarl.or.jp/

JARD(日本アマチュア無線振興協会)

一方、日本の一般財団法人でアマチュア無線の振興を担うのがJARDです。第4級、第3級、第2級アマチュア無線技士の養成課程講習会を行ったり、無線機の技術基準適合証明をしてくれる機関(財団法人)で、実務的な機関としての側面もあります。

JARD公式サイト http://www.jard.or.jp/

アマチュア無線のそのほかのお話

アマチュア無線が禁止されている国

現在、地球上では北朝鮮のみが、自国民のアマチュア無線を禁止しています。 ただ、過去には一般市民のアマチュア無線も許されていたそうで、北朝鮮のハムと交信した例もあるようです。

電波は何キロ飛ぶか?

電波は送信電力の大きさや、周波数が低ければ低いほど遠くへ飛びますので一概には言えません。最も敷居の低い144MHzや430MHzはアンテナを短くできる利点がありますが、Eスポが発生でもしない限り、山の上で20W送信だと100キロ~300キロが良い範囲なのではないでしょうか。

使ってよい周波数は?

アマチュア局に認められている周波数帯はアマチュアバンドと呼ばれますが、一部帯域ではアマチュア以外の業務用無線の周波数と重なっています。その際は2次業務であるアマチュア局が譲らなければなりません。また、資格のランクによっても使える周波数が異なってきます。

モールス通信ってどんなの?

「モールス」とは一般的に言うと、電信の事です。人が打鍵器を使って、モールス符号を送信して通信を行います。

日本では1854年、ペリー(マシュー・カルブレイス・ペリー)が2度目に来日したときに、江戸と横浜の間を持参した「エンボッシング・モールス電信機」での電信に成功させ、これが日本初の電信通信となりました。

民間ではとっくに使わなくなったモールス電信ですが、自衛隊ではいまだに運用されているそうです。


通常の音声での通信に比べた場合、消費電力は10分の1程度と非常に省電力で通信が行えることが利点です。

さらに、弱い出力でも周波数が低ければ低いほど、地球上のあらゆる場所にまで電波が到達するので、驚きと面白さがあります。

アマチュア無線技士の国家試験においては3級の試験からモールス符号が出ますが、過去問はパターン化されており、すべてのモールスを勉強して覚える必要はありません。ですが最低でも数字は覚えてください。

ほかにアマチュア無線で出来る面白い事はたくさん!


インターネットを使ったアマチュア無線の中継システムです。ネット回線で中継することによる日本全国はもとより、世界中と交信できます。

APRS

パケット通信を利用して、リアルタイムでデータを配信する運用で、GPSを利用して自身や他者の位置をトラッキングすることができます。

フォックスハント

手に受信機と八木アンテナを持ち、野山を駆けて小型発信機を持つキツネ役の人を見つける競技を電波探索競技、フォックスハント、あるいはフォックステーリングと言います。鬼ごっこを想像すると良いかもしれません。これは受信機を使うので、参加するのに従事者免許証はいりません。これらの会場は主に山や郊外の公園ですから、それなりに駆け回るので体力勝負となります。それに加えて電波の知識もある程度必要です。だからこそ面白みがあるわけです。自動車に乗って移動しながら追跡するモービル・フォックスハンティングもあります。さらに高度に競技化されたARDFはもう本格的なスポーツと言ってもいいでしょう。

EME通信

月面反射通信の略。その名のとおり月面反射によって遠距離通信を試みる研究です。

宇宙と交信その1!アマチュア衛星利用の交信

地球を周回する人工衛星は何千個も存在していますが、実はアマチュア無線の中継用人工衛星もあるのです。これらはアマチュア衛星と呼ばれ、世界中の大学や研究機関、民間団体が打ち上げており、だれでも事前申請や料金など不要で利用することが可能です。ただし、利用できるのは衛星が日本上空を通過する10分前後ですから、チャンスは限られています。

宇宙と交信その2!国際宇宙ステーション(ISS)に設置されたアマチュア局との交信

日本の小中学校の児童生徒と、上空400キロのISSに滞在している日本人宇宙飛行士とがアマチュア無線で交信を行っている姿がよくテレビで報道されていますよね。

これら宇宙飛行士たちも実はアマチュア無線の資格を持っており、余暇を利用して子供たちと交信を行っているのです。

子どもたちと宇宙飛行士がアマチュア無線で交信する「ARISS」(Amateur Radio on the International Space Station)というプログラムは、米航空宇宙局(NASA)の提唱で2000年に始まり、これまで米国を中心に世界で120校以上が交信に成功しています。

典拠元
http://www.ariss.jp/aoyama/yomiuri_aoyama.htm

アワードという賞を狙う各種コンテスト


一年のある時期になると、コールサインの最後に 「コンテスト」とつけてCQを出している局が多くなります。おまけに妙な何桁かの数字まで述べています。実はこれ、コンテストナンバーというもので、特定の時間内に何局と交信出きるか競うというコンテストに参加している局なのです。入賞すると賞状がもらえますので、各局大変熱心にCQを出します。

アワードを主宰する団体は各種あり、JARLやその支部、クラブ、新聞社等々。多くの地域の局などと交信の成果を証明すると称えられ、賞状などがもらえます。詳しくはジャールのページを。

http://www.jarl.or.jp/Japanese/1_Tanoshimo/1-2_Award/

アワードには国外・国内のアマチュア無線局のない離島などの地域へ行ってサービスを行うペディションや、100郡の局と交信することによって受賞できるアワードのために、局の少ない郡でQSOすることをJCGサービスなどの運用もあり興味深いものです。CQを出したオペレーターの場所が珍しければ珍しいほどパイルアップ(CQを出したときに多くの無線局から一斉に呼ばれる事)状態になります。