デジ簡機にはハンディと車載のモービル機の2種があり、1Wから最大5Wのモデルが各社から販売されています。2018年現在、デジタル簡易無線機の市販価格は比較的値下がりを続け、ひところよりも手ごろになりました。

デジ簡機のなかでも人気があるのは、やはりハンディタイプです。電波の飛びを重視するなら5Wタイプを選びたいものですが、その分、サイズや重量が増すので、携帯性も考慮してください。5W機はバッテリーのせいで横から見ると、厚みがあるので、決して正面から見たデザインだけで購入を決めないでください。

デジタル簡易無線機のハンディ

レビュー数ではハイパワーのIC-DPR6が約2倍でダントツ人気ですが、もっとも低価格のデジ簡機で入門機とも言えるIC-DPR3も人気です。なお、IC-DPR3には全チャンネルを自動的にスキャンするメモリースキャン機能がありますが、IC-DPR6には全チャンネルスキャン機能がついていないのでご注意を。

高い防水性能を有した主に業務局向けのリーズナブルな実用機。ただ、シガーライター電源アダプターが純正で発売されてないことや、全チャンネルスキャンがついているわりにはSメーターがないなど、ちょっとホビーユースとしてはカユイところに手が届いていないかな、という印象はあります。

1W機のIC-DPR3でも距離を伸ばしたければ、アンテナ(ハンディ用や車載のマグネット式)の交換で十分実用的です。

実はIC-DPR3は裏コマンド『▲▼ボタン同時押し』で周波数表示が可能です。ただ、小数点がないので見にくく、電源オフで毎回元に戻るので、簡易的な機能でしょう。

なお、ハンドマイクは別売ですので便利に使いたいならマイクは必須です。

モバイルバッテリーからUSB充電可能のバーテックスタンダードのVXD1も人気です。旅先でのバッテリー上がりなんかこわくない!

デジ簡モービル

モービル機はこれまで、レジャー目的の方の場合は高価なので敬遠されることが多かったのですが、2017年6月にアルインコ社が新型デジ簡モービル機DR-DPM60を発売しました。それまでのモービル機よりもリーズナブルな価格に設定されています。それでいて、機能に劣った点もありません。

スタイリッシュなグリーン液晶も選択可能。

入門機の次はこれ!5W機で全チャンネルスキャン機能搭載、しかも大容量バッテリー!アルインコDJ-DPS70(KB)がカッコいい。

私たちホビー局向けとして、複数チャンネルの巡回受信を可能にする全チャンネルスキャン機能はデジ簡機にぜひとも欲しい機能ですが、アイコム社では廉価モデル機であるIC-DPR3にはあっても、5W機の人気機種IC-DPR6では搭載していません(後継機のIC-DPR7にはあり)。

そういったわけで、5W機で全チャンネルスキャン機能搭載、しかも大容量3200mAhバッテリーまで搭載されているアルインコDJ-DPS70(KB)がフリーライセンス各局に現在人気です。

DJ-DPS70シリーズには通常バッテリーのDJ-DPS70(KA)と、大容量バッテリー搭載のDJ-DPS70(KB)、
そしてKAのイエローバージョンのDJ-DPS70(YA)の3バージョンがあります。

また、アルインコ社による製品保証期間が1年ではなく、2年というところも人気の秘密。


スポンサーリンク