管理人オススメのデジ簡ハンディ機をご紹介!コレを買えば間違いなし!

デジ簡機にもアマチュア機と同様、ハンディ機と車載のモービル機の2種があります。

若い年代からも熱い支持を受けるフリーライセンスラジオのデジ簡では、モービル機よりも手軽に買えて、気軽に持ち出せるハンディ機のほうが人気。

両者のメリットやデメリットとはなんでしょうか。

ハンディ機とモービル機の具体的な違いと長所や短所、それにオススメの機種を解説してまいります。

デジタル簡易無線機のハンディ機のメリットとは

ハンディ機と車載のモービル機との違いは、バッテリーとアンテナの付属の有無です。

バッテリー内蔵で手軽な運用ができる

まず、無線機本体にバッテリー(パック)内蔵により、外部電源を必要としない身軽な運用ができることがハンディ機のメリットです。これがモービル機ならば、基本的に本体にバッテリーを搭載していないため、車のバッテリーを電源とするか、自宅や会社などでの固定運用ならば安定化電源が必要となります。

デジ簡に許された最大送信出力5Wがハンディ機でも出せる!

アマチュア無線と違い、デジ簡では法的に許される送信出力はハンディ機もモービル機も最大で5Wまでと同じ。5Wならモービル機ではなくてもハンディ機でも出せてしまいます。

ということは最大送信電力に関して、モービル機の優位性はありません。

アンテナがはじめから付属する。交換も簡単

これもハンディ機の大きなメリットです。アンテナと言ってもハンディ機のものは短縮へリカルと呼ばれる短いアンテナですが、わざわざアンテナを一緒に購入しなければ運用できないことはありません。付属アンテナでも問題なく交信が行えます。

それでも、もし付属アンテナの送受信性能に不満があれば、簡単に社外メーカー製のアンテナに交換ができるのも魅力です。

お安い

2019年現在、デジタル簡易無線機の市販価格は比較的値下がりを続け、ひところよりも手ごろになりました。なかでもハンディ機はモービル機よりも元から安いため、さらに手に入れやすいのが魅力です。

デジタル簡易無線機のハンディ機のデメリットとは

一方、短所と呼ぶべき面もあります。

ハンドマイクは別売

基本的に本体を手に持って交信するスタイルのハンディ機にはハンドマイクは付属していません。必要に応じて別売のハンドマイクを購入します。ハンドマイクを接続しなくても交信はできますが、無線機本体をメリットの良好な向きや位置に手で保持しながら、ハンドマイクで通話したほうがダンゼン楽です。

なお、ハンディ機の場合は運転時での使用時、必ずマイクを使わなければ、違反となりますのでご注意を。

バッテリーの持続性

メリット編にてハンディ機もモービル機と同じように5Wが出せると書きましたが、ハンディ機は内蔵バッテリーのみで5W送信を続けると、バッテリーの消費が早いため、長時間運用ではデメリットです。

しかし、ハンディ機にはシガーライターから電源が取れる専用ケーブルがオプションとして販売されているモデルも多くあります。また、モバイルバッテリーからUSB充電可能のバーテックスタンダードのVXD1もあります。モバイルバッテリーなどを持っていれば、旅先でのバッテリー上がりを気にすることはもうありません。

2021年現在のデジ簡ハンディ機のオススメはDJ-DPS70に決まり!

多くのフリーライセンス局に支持されるハンディ機はアルインコDJ-DPS70になっています。それはなぜでしょうか。一言で言えば、アルインコの開発設計思想が、当初から私たちホビー局を意識したものだからなのです。

アルインコDJ-DPS70シリーズはなぜフリラー局から支持されるのか?

最大5Wで全チャンネルスキャン&Sメーター表示アリ、大容量バッテリーモデルもあるから

複数チャンネルの巡回受信を可能にする全チャンネルスキャン機能は私たちホビー局向けデジ簡機にはぜひとも欲しい機能。しかも大容量3200mAhバッテリーまで搭載されているバージョンもあるアルインコDJ-DPS70シリーズが大人気となっています。当然、筆者も使用中です。

アルインコ 5W デジタルトランシーバー DJ-DPS70KA

前モデルのDJ-DPS50で不満だった音質の悪さが飛躍的に改善されたほか、周波数表示ならびにSメーター表示など、ホビー局にはとっては”かゆいところに手が届く”各種機能もあり。

DJ-DPS70シリーズには通常バッテリー(7.2V/2200mAh)のDJ-DPS70(KA)、それに大容量バッテリー(7.2V/3200mAh)搭載のDJ-DPS70(KB)、そしてKAのイエローバージョンのDJ-DPS70(YA)の3バージョンがあります。

また、アルインコ社による製品保証期間が1年ではなく、2年である点も人気の秘訣です。

あの一部で有名な某メーカーの廉価なデジ簡機を買ってしまって、すぐ壊れてしまった経験はありませんか?とくに事情を知らなければ、第一ロットと第二ロットでまったく違う運用方法を迫られてしまう恐ろし〰いあの機種を買ってしまって泣いた経験は?安いものには理由がある、というわけですね。

2021年現在、筆者は多くのユーザーによる厳しい評価レビューに裏づけされたDJ-DPS70の購入をお勧めいたします。

1w送信や受信メインの運用ならDJ-DPS70(KA)、そして最大5wで移動運用が多いのなら、大容量バッテリーパックが標準付属されたDJ-DPS70(KB)がおすすめです。

なお、やはり大容量バッテリーパックは通常パックよりもサイズが大きいため、携行のしやすさもご考慮されてください。

デジ簡のモービル機については以下で解説しています。

デジタル簡易無線機のモービル機のオススメはこれ!

そしてデジ簡機の交信距離をさらに伸ばしたいなら、ロングアンテナや車用のモービルアンテナで対応可能です。以下の記事にて実際に使用したデジ簡用アンテナのレビューを行っています。

デジ簡の交信距離は車両用アンテナで大体解決する

スポンサーリンク