デジタル・タクシー無線の受信方法

無線で業務の効率化をしている業種といえば、警察のほかにタクシー・ハイヤーがあります。これら、タクシー業界で配車指令のためにもっぱら使用される業務無線がタクシー無線です。

現在、タクシー無線や公共交通機関ではデジタル無線の採用が増えつつあり、タクシー無線では周波数割り当てが450MHz帯、電波モードは4値FSK方式の『STD-T102』ならびにQPSK方式の『STD-T61』の2種。

これらのデジタルモードは、アナログ通信に比べて通信品質が向上し、多重化やデータ通信をサポートしています。ただし、特定のデジタルモードの使用は地域や会社によって異なる場合があります。

このデジタル方式を活かしたデータ通信による文字情報のやり取りが増えており、音声による配車指示はアナログ時代より減少しています。

デジタル・タクシー無線の受信方法とは?

デジタル・タクシー無線の受信方法

2023年にアルインコから登場した『DJ-X100 受信改造済み』にてタクシー無線の受信がより容易となりました。

実はこのタクシー無線、それぞれの規格自体は業界で基本方式にしながらも、各社で細かな改修を加えて運用されているのが特徴です。

このうち4値FSK方式の「STD-T102」であれば、2015年にAORから発売された「AR-DV10」にて以前から受信復調が可能でしたが、2023年現在、アルインコのDJ-X100(受信改造済み)によって、安価に受信が可能となりました。

筆者は下記ショップでDJ-X100受信改造済みモデルを購入し、受信しています。

上記ショップなどの受信改造版のDJ-X100であれば、裏コマンド入力で出現するデジタル変調方式STD-T61の各TYPE(1から4まで)を受信できます。

ただし、ホワイトニングコード(WC)の合致が前提です。DJ-X100(受信改造済み)ではWCの自動解析が可能で比較的簡易です。

ただ、いずれの機種でもタクシー無線の受信はひと手間かかるのが現状です。

簡単に復調できるタイプもあれば、受信した状態でしばらく自動で解析させる、いわゆる「放置」したまま長時間待つタイプもあります。これは先に挙げたようにSTD-T61でも各社によって複数のタイプがあるためです。

うまくタイプが合致しないと音声が『モガモガ』として、正常に復調できません。また、電波の強度やスケルチも深く関係しているようです。

先述の通り、DJ-X100でタクシー無線を受信したい場合は受信改造済みの固体が必要です。現時点のノーマル機の仕様では周波数歯抜け、デジタル変調方式一部制限、アナログ10番A解読なしとなっており、ほとんど何もできないので買わない方がいいですよ。

アナログ警察無線で導入された音声反転式秘話が『10番A』と呼ばれた理由

 

DJ-X100(受信改造済み)では電源投入後に『誓約』画面が表示される

なお、受信改造を施して裏コマンドを入力したDJ-X100では電源投入後の起動画面にて以下の文章が表示されます。

筆者の知る限り、受信機を使うにあたってこのような『同意』や『誓約』に準じた画面が用意された機種は過去になかったと思う。

 

『私は、電波法上、受信した通信の存在・内容を漏洩したり窃用したりすると刑事罰が課されることを理解しています。』

何やら例のワクチンの同意書のごとく、究極の選択のようにもとれますが、どちらを選ぶのもユーザー次第。でも実はこの画面で『いいえ』を選び、同意しなかった場合でも本機をすぐに使用できます。ただし、せっかく広がった各種拡張機能は使えません。つまり、そのためにアルインコが用意した同意と誓約と言えるでしょう。

ここで『はい』を選んで同意した場合に限り、さらに『私が拡張機能を使う目的は窃用ではありません。そのようなことは絶対にしないと誓約します』さらに『拡張機能を使うにあたり第三者の権利を侵害しない範囲でのみ使用することを誓約します』というような内容の2つの誓約確認画面が表示されます。まさに法的な『誓約書』にも似たような文面です。

これら1つの同意と2つの誓約に電源投入のたびに毎回従わなければ、タクシー無線のT61モード復調、コード解析など拡張機能が使えないというわけです。同意も誓約もせずに使ってたら、この前まであったデジタルモード一覧からT61モードなどがごっそり消えたり、”虫めがね”も機能せず、大慌てした筆者です。

POCSAG方式のメッセージを受信

また受信改造後はT61復調のほか、POCSAG方式のメッセージを受信し、DJ-X100の画面上で閲覧することができます。このデータ通信(メッセージ)に含まれる内容は客の個人情報といった大変センシティブな場合も。まさにこのような情報にまで接することのできる受信機がDJ-X100というわけです。

 

しかし、このメッセージ受信については賛否両論、様々な憶測があるようです。発売当初からDJ-X100の徹底解説を行なっている『ラジオライフ』誌面でも厳密な取り扱いをすべきとしているほか、編集長もXで『誓約画面が3回も出ることを理解するべき』と注意喚起しています。

DJ-X100の秘話解析について、ラジオライフ2023年7月号で紹介されています。

なお、上に挙げた書籍はAmazonの『キンドル・アンリミテッド』に入会すれば、月額980円で読み放題・無料で読むことができます。

Amazon Kindle Unlimitedに入会すると、月額980円で三才ムックが出版している多くの無線関連書籍をはじめとして、キンドル本として販売されている本(小説、コミック、雑誌、写真集など)のうち、100万冊の電子書籍がでどれも無料で読み放題です。Kindle端末がなくても、Kindleの電子書籍はパソコン(ブラウザやアプリ)やスマートフォン(アプリ)で読むことができます。この機会にぜひ入会しませんか。

いずれにせよ、DJ-X100の裏機能(拡張機能)を使うユーザー側はアルインコ側に『法を守ったうえで製品を使います』と誓ったことを忘れてはならないと言えるでしょう。私たちの趣味は電波法が深く関わっているのは言うまでもありませんが、この法に拠れば、その内容はもちろん、通信があった日時、場所、”通信の存在”そのものも漏らしてはなりません(したがって、このサイトに書いている”受信内容”の例は存在しないフィクションです)。

そうしなければ、例のアレみたいにアップデートで塞がれてしまうかも・・。

DJ-X100に『ICDU』と『TYPX』モードと表示

https://twitter.com/hGLppwrBjhU4AuJ/status/1654377749954580480

DJ-X100に『ICDU』モードと表示されています。恐ろしい自衛隊の450MHzのデジタルIC-DU。

https://twitter.com/jm3lgf/status/1668929796347428864

DJ-X100に『TYPX』モードと表示されています。

昔のタクシー無線の逸話

かつての逸話ですが、タクシー無線の『名物』といえば、事件が発生した際に警察からタクシー会社の無線に警察無線が割り込んでくることがありました。指名手配犯捜査の協力要請等で、株式会社エニーなどが販売していた緊急通信システムを使って、警察通信指令センターから直接、タクシー無線に協力要請を出せたのです。無論、犯人が客として乗っていた場合のため「警察」とは名乗らずに「無線センター」などの通常使用しない名称を用い、運転手も指令側も「連絡A」や「連絡B」といった暗語や「忘れ物」「大きな落とし物」などといった暗号でやり取りをしていました。

覆面アンテナ風『MG-450-TP』による430MHz帯送受信実験が公開され話題。驚きの結果は