IC-R6をリセットしたら受信改造が元に戻った場合の対処法


IC-R6をリセットしたら受信改造が元に戻った……という場合は。

さて、IC-R6には標準で各種メモリーがプリセットされており、特定小電力、鉄道、バス、国際VHF、消防救急アナログ(署活系は便利)などたくさん入っています。しかし、航空無線だけ聞きたいのであれば、エアーバンドスペシャルを購入すればいいですし、航空以外は消したほうが使いやすい場合もあります。

※ただし、全国の空港別に周波数があらかじめプリセットされたショップオリジナルの『エアバンド・スペシャル』でも『受信改造済み』と明記されていない限り、受信改造がなされていませんので、注意が必要です。

そこで、受信機をより使いやすくするため、不要なメモリーやバンクを消去するために本体をまっさらな状態に戻すオールリセットをかける場合があります。しかし、受信改造がされたIC-R6はリセットすると本来の歯抜けの部分まで元に戻ってしまいます。これを知らずにリセットすると一瞬、恐怖新聞の主人公みたいな顔になってしまいますが、大丈夫です。

IC-R6(受信改造済み)をリセットした場合、歯抜けを元に戻すために必要な作業

まずいったん電源を切りましょう。

そして、本体左横の『FUNC』、『SQL』、『BAND』ボタンを同時に押しながら、電源ボタンを押して起動させます。

すると液晶表示が左端から右端まで全パターンでゆっくりと表示されます。すべて表示されたらボタンから指を離してください。すると受信改造された状態に戻ります。液晶がすべて表示されるまでの数秒間、指をボタンから離さないでください。離すと失敗します。

確認作業

IC-R6(ノーマル機)では本来、メーカー団体が自主規制しているために受信出来るのは以下の周波数のみです。

0.100 ~ 252.895MHz  255.100 ~ 261.895MHz 
266.100 ~ 270.895MHz  275.100 ~ 379.895MHz 
382.100 ~ 411.895MHz  415.100 ~ 809.895MHz 
834.100 ~ 859.895MHz  889.100 ~ 914.895MHz 
960.100 ~ 1309.995MHz 

確認作業のため、復活の呪文をコマンド入力して起動したら、試しにメーカー団体が自主規制している261.895MHzからダイヤルを回してみましょう。ノーマルでは選択が出来ないはずの261.895MHz~266.100MHzまで選択できるはずです。

安易にIC-R6をオールリセットしないで!

このように、IC-R6はオールリセットを行うと、受信改造が元に戻るほか、プリセットメモリーが完全に削除されますので、入れなおすには純正のクローニングソフトとケーブルが必要です。

IC-R6の元のメモリーも少しは使いたいという人は安易にオールリセットを行わないように注意しましょう。


スポンサーリンク