消防無線の受信受信機は無線を聴くことができる

消防無線(デジタル/アナログ )の解説

消防署と隊員および消防車両が交信するデジタル消防無線は市販の受信機では傍受できません。 しかし、今般のデジタル化の一方で広帯域受信機で聞けるアナログ消防無線が全国で一斉に増えており、むしろ消防無線は身近になりました。 2…

受信機は無線を聴くことができる

自衛隊無線の各帯域(HF、ローVHF、UHF)ごとの受信方法解説

この記事では日本国内における軍事通信である『自衛隊無線』や『米軍無線』を取り上げますが、各周波数帯の特徴や概要のみ紹介するもので、公開されていない戦術用周波数そのものは掲載しておりません。 陸海空自衛隊や在日米軍では、各…

ライセンスフリー無線

CB無線は資格免許不要でHFの電波伝搬特性が気軽に楽しめる!違法CBと合法CBは何が違うのか?

現在、日本国内で『CB無線』や『市民ラジオ』と呼ばれる無線は、従事者免許(資格)および無線局免許が不要かつ個人の趣味やレジャー、さらに企業の業務連絡に使用でき、26-27MHzの周波数を使い、空中線電力が0.5W以下の『…

ラジオ放送と歴史

【陰謀論とラヂオ】戦時中、日本軍が行った対外宣伝ラジオ放送『ゼロ・アワー(The Zero Hour)』とは

  第二次世界大戦中の1943年から1945年まで、日本政府当局は米国をはじめとする連合国側に対して『対外宣伝ラジオ放送』という名のプロバガンダ活動を行いました。それがラジオ・トウキョウ放送(現在のNHK)の番…

受信機は無線を聴くことができる

『洋上管制』の解説・・受信改造済みのIC-R6でも航空無線の洋上管制が聞けない2つの理由

昼間の喧騒が消えた深夜2時。広帯域受信機を5.628MHzにセット。モードはUSB。今夜はフェージングが強いようだ。ノイズ混じりに聞こえる『ピー、ボーッ・・・・・』という、どこか懐かしさを感じさせるセルコール音。それに続…

受信機のスキャンとサーチ受信機は無線を聴くことができる

広帯域受信機ではスキャンとサーチを使い分けて効率的に受信しよう!

広帯域受信機で未知の周波数を探す作業はミステリアスで面白い調査活動ですが、闇雲にサーチしても断続的にデータ送信しているキャリアなど、耳障りかつ不要な電波を拾ってしまうため、効率よく受信できません。 したがって、既知の周波…

受信機でヤバイときと場所とは?受信機は無線を聴くことができる

広帯域受信機での受信、注意が必要な時と場合とは?大変なことになる前に!

私たちが普段から何気なく使っている広帯域受信機(ワイドバンドレシーバー)。もちろん、自衛隊や米軍施設の敷地外でこれらのエアバンドを受信する限り、合法です。 しかし、それらの施設に持ち込んだ場合はトラブルの原因になりかねず…