受信機は無線を聴くことができる

国際緊急周波数の解説!救難要請から領空侵犯まで!航空自衛隊のGCIとも関わりあり

航空機や船舶が特定の緊急事態下において、緊急通報や救助要請で使用する周波数を『国際緊急周波数』と呼びます。VHF帯は121.500MHz、UHF帯は243.000MHzで世界共通で指定されています。 二つの国際緊急周波数…

アマチュア無線

アマチュアバンドのオフバンドにおける不明な通信『アンカバー』

アンカバーと近代以前の日本のアマチュア無線事情 アマチュア無線では、それぞれの周波数バンドにおいて、使用できる帯域が細かく決められており、すべてのアマチュア局はその範囲内でのみアマチュア業務を行うことが許されます。許可さ…

アマチュア無線

東北総合通信局が公開した『電波のルール啓発動画』の「誤解を受けかねない部分の修正版」が公開されSNSなどで話題

2月22日に東北総合通信局が公開した動画が、多くのアマチュア無線家からSNS上で批判を受けている。この批判を受け、3月9日に同局は”誤解を受けかねない部分”を修正した修正版動画を公開した。いったい、当該動画のナニが批判さ…

受信機は無線を聴くことができる

HF帯SSBモードの洋上管制や海上自衛隊アツギオーシャニック、7MHzもみんな聴けちゃうウワサの格安ラジオは高性能!

実は当サイトで”最強の航空無線受信機”としてオススメしている『IC-R6(受信改造済み )』は残念ながら洋上管制に非対応。その理由は下記記事にて詳しく解説しています。 『洋上管制』の解説・・受信改造済みのIC-R6でも航…

資格と免許の取得

アマチュア無線技士従事者免許証の取得方法の解説

無線従事者免許証の概要と取得方法について アマチュア無線を運用するためには従事者免許証(従免)と無線局免許状(局免)が必要です。・・って、これは令和5年までの話で、現在は『アマチュア無線の交信体験制度(体験運用)』があり…

ライセンスフリー無線

デジタル簡易無線とは?『免許局』と『登録局』の違いなどを解説

  デジタル簡易無線の利用方法は利用者個々のニーズに応じて異なり、区分が二つありますが、一般的には営利の発生する仕事、遊びの両方に活用できます。 昨今では、アマチュア無線もボランティアや狩猟などの地域貢献活動で…

アマチュア無線

アマチュア無線局の免許状の有効期限は5年です。継続する場合『再免許申請』をしよう!

アマチュア無線の従事者免許は期限のない終身免許制度ですが、もう一方の無線局免許(局免)は5年間の期限付きです。5年を過ぎて、免許をそのまま継続したい場合は再免許申請の手続きが5年毎に必要です。 再免許申請とは 再免許申請…

受信機は無線を聴くことができる

鉄板から最新機まで独断で選ぶ広帯域受信機の機種比較!おすすめ受信機はこれに決まり!

2024年現在、広帯域受信機(ワイドバンドレシーバー)はアイコム、アルインコ、AORなどの国内無線機関連メーカーで製造販売されています。 以前はユピテル、マルハマ、ファーストコムも製造販売しており、マルハマは『鳴物入』と…