民間航空の航空管制に続いて、自衛隊や在日米軍の航空機が使う航空無線をご紹介しましょう。

3自衛隊や在日米軍では、それぞれが各固定翼および回転翼航空機を配備運用しており、それぞれの基地に割り当てられた周波数もあるので、自衛隊航空無線も手軽に受信できます。

主に通常の訓練飛行、演習、イベント時、そしてスクランブル発進時のGCIなどさまざまな交信が予測されます。

民間機の交信をひととおり聞いて航空無線受信のコツを掴んだら、今度は自衛隊や在日米軍のミリタリーエアバンドにチャレンジしてみましょう。

基本的には自衛隊も民間空港同様の管制用周波数で交信しますが、自衛隊の管制独自に割り当てられた周波数も持っています。

周波数はVHFのほか、航空自衛隊ではUHFという225MHzから399MHzまでの高い周波数を使います。これら空自の訓練や”実戦”で使用されるUHFの周波数はちょっと受信にクセがあるものの、迫力は満点。

ミリタリーエアバンドを受信する場合、とくに覚えておきたいのが、225MHzから399MHzまでの周波数が受信できる広帯域受信機が必要であるということ。これについては広帯域受信機のページをご覧ください。

【航空無線受信テク】航空無線を受信するためにはまず広帯域受信機を購入しよう!

スポンサーリンク

陸上自衛隊のヘリコプターの交信は最も頻繁に聞こえる

takikawa_sdf2008_7

陸上自衛隊のヘリコプターは基本的に有視界飛行で低高度を飛ぶ上に、VHF航空無線の中でも電波の飛びが良い118MHzから141MHzまでを使って交信しますので、比較的受信はラク。受信機からヘリのローターの大きな爆音越しに聞こえるパイロットの声は迫力満点です。

また、それに加えて陸自の地上部隊が使う作戦用周波数として30MHzから50MHzのローVHFでヘリと地上の隊員が交信しますが、こちらはデジタルの秘話がかかっていることも予測されます。

自衛隊機はコールサインを持っている

3自衛隊ではそれぞれ機種別にコールサインを持っています。たとえば、日本全国どこでも見られる陸上自衛隊の多用途ヘリUH-1Jならコールサインは『ハンター』。この機種は最近、救難に使われることは少ないようで、山岳遭難でも海難事故でも航空自衛隊の航空救難団のほうが出場っています。

とはいえ、陸自が数百機保有し日本全国どこでも飛んでいるスズメのようにポピュラーなヘリといえば、UH-1J。 近隣に陸自の駐屯地があれば必ず飛来してきますから、チャンスは多いでしょう。

ほかにも大型ヘリのch47なら『キャリアー』、偵察ヘリのOH-6Dなら『オスカー』などなど。一方で、日本に12機しかない最強のAH-64Dロングボウアパッチ攻撃ヘリのコールサインは『アパッチ』、さらに上級国民専用機EC225LP スーパーピューマも『ピューマ』と、機種名そのままの場合もあります。

はるか2万フィート上空から聞こえる迫力の自衛隊戦闘機の周波数だって聞ける

通常、航空自衛隊は定められた訓練空域にて戦闘機同士による格闘訓練を行うほか、射爆撃場で地上目標に対する攻撃訓練も行っています。

先輩パイロットから新人への指導はやはり厳しく、遥か上空2万フィートから聞こえてくる迫力の戦闘機の無線交信は、まるで底辺飲食の厨房みたいです。

訓練中の交信では日本語で話すことが多く、ヘマをやった新人パイロットに対する度が過ぎた言葉での注意指導、怒りを隠して冷静に話す教官パイロットの怖い声、そして自衛隊の任務ならではの臨場感があります。

国際緊急呼び出し周波数

国際緊急呼び出し周波数は自衛隊専用というわけではありませんが、領空侵犯をした外国機がいた場合に警告を伝えるため、各国の空軍機や自衛隊が使います。

その場合、この周波数で交信されるのは英語、ロシア語、朝鮮語、中国語などによる領空侵犯機への警告です。

領空侵犯機はおとなしく日本の領空外へ出なければ、自衛隊に攻撃されるか、日本国内の基地へ強制着陸させられるので、臨場感のある交信の傍受が期待できます。

航空祭で無線を聞こう!

ところで、皆さんは自衛隊の基地祭に出かけたことはありますか。3自衛隊の中でも、航空自衛隊の航空祭は毎年何万人もの客が訪れるビッグイベントです。

その来場者の中には耳にイヤホンをつけた人がいます。多くの場合、彼らはアニメソングや競馬の短波放送を聴いてるわけではありません。広帯域受信機でエアバンドを傍受して楽しんでいるのです。

自衛隊の航空無線も一部では秘匿する機能で傍受できないようになっていますが、多くの場合は航空機と管制塔の交信など市販の受信機で聞くことができます。

航空祭でとくに迫力があるのはなんといってもブルーインパルスの交信です。演技を行うブルーインパルスは​通常、6機編隊で飛行展示をします。ブルーインパルスが行う無線交信のやりとりを受信できて、展示する次の演技がわかれば、地上で狙うカメラマンには好都合です。

自衛隊の曲技飛行隊はブルーインパルスだけじゃないって本当?そして影の飛行隊こと『飛行教導群』とは!

この交信をワッチすると、どの方角から航空機が飛来するのか、何時からブルーインパルスの演技が始まるのか、スモークナウはいつか?それらがわかりますから、飛行機好きなアマチュアカメラマンも、多くがワッチしているのです。ただ、当日にどの周波数を使うのかは直前までわからない場合が大半ですから、事前の情報収集は必須です。

昨今では、イベント時において自衛隊基地に受信機を持ち込んで無線傍受をする人に対して、自衛隊側は基地内での傍受はやめてくださいと協力要請を行っているということがラジオライフに掲載されていました。

航空自衛隊のGCIについて

航空自衛隊ではさらに緊迫感のあるGCIという公開されていない特別な無線周波数もあります。この周波数は、それぞれチャンネル指定されており、定期的に周波数が変更されるとされています。

【航空無線受信テク】自衛隊の非公開GCI周波数とは?

海上保安庁の航空無線・海上保安庁だってもちろん固定翼&回転翼を持っています。

海上保安庁の任務は日本の海洋権益の保護、密入国と領海侵犯への対応、海上犯罪の取り締まり、そして救難です。犯罪の取り締まりについては被疑者に傍受されることで不利益が生じますから、警察同様にデジタル無線を使用しています。私たち航空無線愛好家とは関係ないのでデジタル無線については省略します。

通常の航空機運用と救難活動(Search and Rescue・通称SR)で主に使われる海保のカンパニー波は、130.300MHzと134.500MHzの二種。

夏ともなれば、レジャーで海水浴へやってきた大学生などの若者グループが男のマッチョイズムを女に見せつけて、メスの本能に訴えかけてゲットしたい企みからか、バナナボートで数キロ先の沖合の小島へ出航することもあり、沖へ流され帰れなくなったりするのが夏の風物詩。海上保安庁のSRミッションも増加する季節です。

海保の海難救助では巡視艇やボンバルディア捜索救難機による広範囲な捜索活動と、ヘリコプターによる要救助者のピックアップが主な任務です。

民間から消えてしまったYS-11も海保では2011年まで健在機材でしたが、現在はすでに全機が退役し、残るは自衛隊のYS-11だけに。ちなみに筆者は現用のデザインより、ブルー色のコッテリした昭和の旧デザインが好き。年代モノの機体でもがらりとまるで最新鋭機のように装いを変えちゃう飛行機のリペイントって不思議。年十年も使用されてきたYSがホワイト系のカラーになった各民間の機体はまるで女性の化粧のように美しく装いを変えてしまう。日本航空機製造のYS-11の話ですが、民間では空中衝突防止装置の搭載義務化によりYSは搭載が不可能なために退役してしまいました。しかし、自衛隊と海上保安庁ではその後も現役で運用されました。海保で最後まで残ったJA8701ブルーレブンを最後に海保では2011年に全機退役しましたが、自衛隊では「そんなの関係ねー」とばかりに現役。だって飛んでるんだもん♪YSは低速で海難捜索ができるのが売り。夜間の救難任務ではヘリと二機体制で行動し上空からYSが照明弾を投下してヘリがホイストで要救助者の吊り上げを行います。海保といえば、昔はセスナ・ショートスカイバンというすんごい変り種のヒコーキを持っていました。YSの機材更新で最近はサーブやボンバルディアDHC-8を採用したり ちょっと趣向が変わってきた海猿です。海岸上空で高度は低く低く、なおかつ低速でゆっくりと飛ぶ海保の航空機はそれだけで魅力。また、回転翼では同庁の大型ヘリ、アエロスパシアル社のAS332L-1スーパーピューマが1991年から配備され現在でも同庁最大のヘリです。

在日米軍機の無線

米軍機は嫌がらせとしか思えない超低空飛行をする場合があります。これは米軍の航空機は日本の航空法に縛れらていないという実情から起きうる問題ですが、山頂より低く、とんでもない飛行速度のF-16が爆音を轟かせて飛行していく姿に怖いと感じるか魅力を感じるかはさておき、その無線が聞けるかと言えば、聞けます。

三沢や関東や沖縄など、米軍基地がある場所では米軍飛行場の管制周波数に合わせるだけでok。

米軍基地が近くにない北海道などの場合はちょっと残念ですが、その場合は航空自衛隊機との合同訓練での交信を狙いましょう。

自衛隊の航空無線のまとめ

このように3自衛隊ではそれぞれが運用する航空機の管制や、GCIという特別な周波数を使って日々の任務を行っています。


スポンサーリンク