【悲報】神機 ICOM IC-R30が生産終了!SNSなどで衝撃広がる

なんと、アイコムの人気受信機『IC-R30』の突然の生産終了を販売店が発表した。これにはSNSを中心に驚きの声が広がっている。

その理由についてはウクライナ戦争による半導体の入手が困難になったためなのか、昨今の値上がりが影響しているのか詳しくは不明。人気機種でありフラッグシップが、たった4年での製造終了(しかもIC-R6より先に)とは予想外との声も多く、アイコムの採算性を危ぶむ人も。

さらに悲劇的なのは『IC-R30の後継機はない』とのことだ。

当然筆者もIC-30を愛機として2年使用しているが、約8万円という低価格ながら、HFの各種電波形式に対応し、洋上管制のUSB、アマチュアバンドの7MHzのLSBなどが気軽に受信でき、かつデジタル対応でデジ簡も受信できるアドバンテージの高さはIC-R30だけが持つものであり、非の打ちようがない優秀な受信機である。

【航空無線受信テク】「洋上管制」を受信できる広帯域受信機は?

 

だが、アナログ・デジタル両対応受信機の中で最も廉価とはいえ、約2万円のIC-R6などと比べれば4倍の価格。購入を躊躇していた人も多いはずだ。

広帯域受信機やアマチュア無線機に限らず、同社としては個人ユーザーを重視するより、警察や企業などと業務機を大口で取引したい思惑があるのかは不明だ。

IC-R30の最終入手チャンスは?

2022年の12月から2023年1月にかけて、再入荷があるようだ。

いずれにせよ、これが最終チャンス。気になる方は予約をしておくと良いかもしれない。