無線従事者免許証の概要と取得方法とは

アマチュア無線を運用する場合、2つの免許が必要です。それが従事者免許証(従免)と、無線局免許状(局免)。

このうち、本項で解説する従事者免許証(従免)は無線の運用中、かならず携帯が義務付けられている免許です。俗に言う「アマチュア無線の資格」とはすなわち、この従事者免許証(従免)を指します。

アマチュア無線を使うには、まず基本的にこの従免を取得しなければなりません。今までは合格後、3ヶ月以内に従免の申請をしなければなりませんでしたが、現在ではこの決まりが無くなりました。

スポンサーリンク

従事者免許証を取得する方法

従免を取得するにあたって、方法は下記の二通りがあります。

1、国家試験に合格して取得

2、養成課程講習会で修了試験に合格して取得

上記のいずれの場合も、合格後に免許を発行してくれるのは総合通信局です。筆者の場合は国家試験で取得したので、このサイトでは国家試験による取得方法を主に掲載しています。

従事者資格国家試験の受験申請方法

アマチュア無線の国家資格、すなわち従事者免許証の取得には国家試験受験または講習会の受講が必要です。このうち、日本無線協会の電子申請システムから国家試験の受験申請ができるので大変便利です。

フリガナなど個人情報の入力が面倒ですが、紙に書いて送付するより効率的で簡単。

日本無線協会の電子申請システムの申請手順

まず、日本無線協会のHPにアクセスしてください。

財団法人 日本無線協会 無線従事者育成機関。業務概要、試験・講習案内、養成課程の紹介。
http://www.nichimu.or.jp/

次に無線従事者国家試験申請システムに進んでください。

https://shinsei.nichimu.or.jp/

ご注意 インターネットによる申請受付期間は、毎月1~20日までです。

フォームに必要事項を記入して送信が完了したら、日本無線協会の指定する口座に指定の受験料を期日までに振り込んでください。そうすると、一ヵ月後にハガキの受験票が送られてきます。

この受験票には自分の氏名や受験する級の区分、受験日と、受験会場などが記載されていますので、記載に間違いなどが無いかよく確認してください。そして、受験票に氏名と生年月日などを記入し、顔写真を貼ります。

あとは、受験日に受験票と筆記用具を持って、指定された受験会場に向かいましょう。筆記用具は貸してくれますが、くれぐれも受験票を忘れずに。

東京近郊にお住まいの方は、毎月第3日曜日に当日受付による試験が東京都中央区晴海三丁目の日本無線協会の本部で実施されていますので便利です。

この試験の場合、合否結果も当日に開示されます。合格すると、その場で免許申請もOKなので、申請手数料のお金や写真も同時に持って行ったほうが良いでしょう。

さて、冒頭でも書きましたが、国家試験以外でも養成課程講習会を受講することで資格を取得することも可能です。

次のページでは養成課程講習会について解説します。


スポンサーリンク