モービル機でモービル運用をしてみよう!144MHzや430MHzで運用するモービル機は短いアンテナで運用できるので自宅はもちろん、自動車運用も難なく可能!


アマチュア無線を運用する場合、自宅に無線室を新たに構えたり、自室をそのまま簡易な無線室にするのが一般的です。

その場合はいわゆる「固定機」と呼ばれる卓上の無線機を机に据え置きして運用します。高級機はSSBなどオールモード対応です。
スポンサーリンク

自宅で固定機を運用する場合、無線設備が通常保管されている場所を常置場所と呼び、この場所で運用する場合を俗に固定運用と言い、コールサインの後ろに必要に応じて「固定」とつけます。固定運用の対義語に移動運用があります。

しかし、どうしても自分専用の部屋が確保できなかったり、アパートなどで隣近所の迷惑になる場合はモービル運用にチャレンジしてみませんか。

CQ ham radio (ハムラジオ) 2009年 08月号 [雑誌]
CQ ham radio (ハムラジオ) 2009年 08月号 [雑誌]
B002DVBG0M | CQ出版 |  2009-07-18

モービル運用とは車あるいはバイクにアマチュア無線機(およびアンテナ)を取り付け、移動しながら運用することです。ドライブをしながら気軽に運用でき、高い山の上に登れば車が即席の「無線室」です。

144MHzや430MHzといった周波数で運用する場合は安価なモービル機と比較的小型のアンテナで運用できるという利点があり、自宅はもちろん、自動車運用も難なく可能なのです。

ただし、家でモービル機を使う場合は家庭用のコンセントからは電気をそのままでは取れないので、安定化電源という装置を別に用意する必要があります。車を所有していれば、ぜひ無線機を搭載してモービルハムを楽しんでみてください。これこそアマチュア無線の醍醐味かもしれません。

モービル運用ではモービル機を使おう!

モービル局向けに便利な車載用アマチュア無線機である「モービル機」が発売されていますから、車での運用の場合はこちらを使うのが一般的でベストです。

 FT-7900 スタンダード(STANDARD) 144/430MHz帯 FMデュアルバンドモービルトランシーバー 20W

FT-7900 スタンダード(STANDARD) 144/430MHz 20W八重洲無線株式会社 |

モービル機では144Mhzと430MhzのFM機が主なラインナップです。

ハンディ機のページでも触れましたが、ハンディ機を車に積めば手軽にモービル運用ができます。しかし、やはり使いにくさは否めません。ですから車にはモービル機を使うほうが、たくさんの利点があります。

まず、セパレート式の液晶表示パネルを運転席の見やすいところに設置すれば、スイッチ類、ボリュームとスケルチのダイヤルが前面から押しやすく回しやすいでしょう。

さらに、モービル機は車のエンジンノイズなどを極力拾わないように対策がされています。ハンディを車に積んだときにザーザーという音を拾ってスキャンが止まってしまう場合もありますが、モービル機では飛躍的に改善されており快適なのです。

そして、最後はやっぱりバッテリー切れの心配がないことと、送信出力の大きさでしょうか。1Wから5W程度までしか出せないハンディ機に比べ、モービル機は最大で50W送信が可能ですから、そのパワーが魅力です。ただし、”バッテリー上がり”には注意が必要です。

現在、モービル機として各社から販売されているアマチュア無線機は10種類以上。144と430のデュアル機が人気ですが、144か430、あるいは28、50のシングルバンド機もあります。さらに広帯域受信や同時受信機能のついたものもあります。

走行中の安定した作動を期待したいなら、モービル機であっても常時、50Wなど大出力で使うより、10W程度が望ましいとされています。

もちろん、自分の免許の級に対応した無線機でなければなりません。

モービルハムの基本はFMモード

アマチュア無線の電波形式にはAMやFM、SSBなどがありますが、FMで運用する利点は自動車のエンジンノイズからの干渉に強いこと。市販されているモービル機は、ほぼすべてFMモードが標準で、自動車で運用するにはやはりFMモードが最適です。

オススメのモービル機はヤエス(バーテックススタンダード)のFT-7900

FT-7900 スタンダード(STANDARD) 144/430MHz帯 FMデュアルバンドモービルトランシーバー 20W
FT-7900 スタンダード(STANDARD) 144/430MHz帯 FMデュアルバンドモービルトランシーバー 20W
B002N4AV1Y | 八重洲無線株式会社 |

FT-7900は使いやすさでベストセラーです。実は筆者はハンドマイクにボタンがいっぱいついている機種は嫌だったのですが、使いやすさを考えるとこれ以上の選択はありませんでした。実際、基本性能の高さと使いやすさで、FT-7900は初心者から中級者まで幅広い層に人気です。

さて、モービル運用で必要なものはもちろん、無線機本体に加え、モービルホイップという車用のアンテナも必要です。

また、バッテリーの配線も必要です。この電源を取る作業は素人には難しいかもしれません。面倒な場合は、ハンディ機を車に積んで運用するのもすすめです。その場合は、ハンディ機を手に持たず、ハンドマイクをつけて運用してください。

モービル・ハム入門: クルマで楽しむアマチュア無線 (アマチュア無線運用シリーズ)

モービル・ハム入門: クルマで楽しむアマチュア無線 (アマチュア無線運用シリーズ)
4789815862 | CQ出版 |  2013-08-24

次のページではセパレート式の操作パネル・タイプについて解説します。


スポンサーリンク