NX1Z_Radio
写真はシャック(無線室)の一例。外国と交信するにはこれくらいの無線機が必要なのだ!

アマチュア無線の資格を苦労して取ったあなたは、早速誰かと無線でお話がしたいはずです。局免が手元に届いたら、もうその時点で正当に電波を発射しても許されます。楽しいおしゃべり「ラグチュー」をさっそくはじめてみましょう。

その前にシャック(無線室)作りの過程もありますが、筆者はモービル運用が主ですので、無線室作りやアンテナの立て方などの技術的な記述は省略させていただきます。ご了承ください。書籍などをご参考にされてください。

アマチュア無線を実際に運用しよう!でも具体的にどうやって・・・?

それでは誰かを呼び出したり、誰かの呼び出しに応える「CQ(シーキュー)」を出す、受けるという基本的な手順を記述いたします。

さて、アマチュア無線の交信をQSOと呼び、とくに楽しいおしゃべりをラグチューと呼びますが、もともと英語の「Chew the rag」が語源で、なぜか日本ではひっくりかえされて「ラグチュー」になりました。
気軽に会話して楽しむのが、ラグチュー本来の楽しみ方なので、肩ひじ張らずにとりあえず、144MHzや430MHzでご近所のハムと気軽にお話ししましょう。
144MHzや430MHzは特別、テクニックが必要なわけではありませんから、入門に最適です。ただ、送信出力によっても変化しますが、見通し距離内の交信が基本ですので高い山の上でも届いて数百キロがよいところでしょう。

もし、外国のハムと交信をしてみたい場合は低い周波数、短波帯の出番です。短波帯はテクニックが必要ですから、やはり初心者には144MHzや430MHzが最適です。

スポンサーリンク

さっそくアマチュア無線で誰かと交信したい場合、どうやるの?

簡略的に言えば、以下の二つのどちらかです。

  1. 自分でCQを出す
  2. CQを出している局に自分が応答する

アマチュア無線を始めて間もないころは相手が見つかったうれしさのあまり、そのままラグチュウに突入しがちです。しかし、まずはコールサインをお互い確実に交換し、RSリポート交換も必ずしましょう。

それが終わったならば、あとは運用規則に則っる限り、自分の名前と現在地、現在の天気を紹介したり無線の話や世間話をしようが大丈夫。さらに受信証、つまりカードの交換の可否を確認したりしましょう。

免許を取得したあなたの手元には無線機、それに従免と局免があると思いますので、無線機の電源を入れてアンテナがしっかりと繋がっているのを確認したら、とりあえず周波数を144MHzなら145.000MHzに、430なら433.000MHzに合わせてみてください。

時間帯と地域にもよりますが、おそらく、すぐには何も聞こえないと思います。でも、土日はその周波数に合わせたまま、数時間聴取してみてください。誰かが誰かに対する呼び出しを行うはずです。呼出が『CQ』つまり不特定への呼び出しだった場合、その呼び出された相手は今聞いているアナタですヨ。

この呼び出しを行う周波数こそが上に挙げた周波数、その名も「呼び出し周波数」、「メインチャンネル」です。

ここで相手局を呼び出して「サブチャンネル」に移ってから交信するのが、アマチュア無線のルールです。1986年にはその名もずばりの「メインチャンネルで待ってて」というタイトルのアマチュア無線を題材にした少女マンガがありました。通常はこのメインチャンネルが、アマチュア無線の「待ち合わせロビー」です。

また、145.00MHz、433.00MHzはメインチャンネルのほかに非常通信周波数としても規定されていますので覚えておいてください。何らかの非常通信が行われる可能性もあるので、その際は通常の通信をやめて、黙ってその通信を聴取するようにと法律で明記されています。

非常通信とアマチュア無線

そして非常通信をあなたが傍受して、相手局から警察や消防に通報を依頼されたら、詳しい状況を聞き取ってためらわず通報しましょう。

一方、サブチャンネルとはメイン以外の周波数です。まずはメインチャンネルでのやり取りを中心に聴取して、アマチュア無線の交信の基本を学ばれてください。

「メインチャンネル(待合室)で呼び出し。おしゃべりは必ずサブチャンネル(個室)で」 と覚えておきましょう。

次のページではCQについてさらにくわしく解説します。


スポンサーリンク