アマチュア無線ではQSO(交信)をしたら、お互いにカードを交換する慣習があります。これがいわゆる受信証の交換(QSL)です。カードにはコールサイン、交信した際の時間や周波数など、さまざまな情報が記載されています。

交信した証ですので、できれば記念に手に入れたいものです。とくにDX-peditionで外国のアマチュア局などと交信した祭にお互いのQSLカードを交換すれば、その喜びもひとしおでしょうね。

QSLカードに記載しなければならない内容

さて、このQSLカードにはいったいどんなことが記載されているのでしょう。

もちろん、QSLカードもただ送ればいいという物ではなく、カードには必ず記載しなければならない事項が各種厳格に決められており、以下のような項目がそれぞれ記載されるのが普通です。

    1. 自局のコールサイン
    2. 運用した場所
    3. 局の名前
    4. 相手局のコールサイン
    5. 貴局と交信したことを証明しますという文言。
    6. 更新日時と時刻
    7. 周波数帯
    8. 電波形式
    9. RSレポート
    10. 交信の御礼とカードの送付依頼の文言

QSLカードには以上のような内容が記載されています。なお、郵便による交換を考慮されているため、大きさは郵便はがきと同サイズの縦148mm×横100mmです。

内容だけ満たしていれば、公序良俗の範囲でデザインは自分の好きなものでOKです。自分のシャックの写真、自分で撮影した地元のお祭りや美しい風景、自作の漫画、イラストなどを使用するハムが多いようですよ。

カードの印刷は専門業者がありますので、今まではそちらに頼むのが一般的でしたが、昨今では自宅で簡単にプリンターを使って作成できます。

カードは『記念品』だけじゃない!集めればアワードという賞を狙うことも可能

カードが一定の条件を満たしていれば、アワードという賞も狙うことが可能ですから、ウソ、偽りなどは絶対に書いてはいけませんし、記入忘れなど記載内容に不備があればアワードの申請に認められません。不備のあるカードは送らないように注意が必要です。

実際のQSLカード交換の流れ

日本ではJARLがQSLカード交換の窓口になっています。あらかじめJARLの会員になっていれば数カ月に一回、QSLカードを代理で送ってくれますが、これを「ビューロー(事務局)経由で交換」と言います。

もちろんJARLの会員になるには会費が必要です。正会員で年会費7200円と、お高いのがネック。もう一つの方法としてダイレクト交換という方法があります。これはビューロを経由しないで直接、局同士で交換します。さらにインターネットを介した電子的なQSLカード交換、電子QSLという方法もあります。

「カード交換できません」と言ったら交信を断られますか?

さて、アマチュア無線を始める前にそもそも、QSLカードを作成しなければならないのでしょうか。いいえ、作成する義務も発行しなければならない義務もありませんから安心してください。

QSLカード交換をしないことをノーカードと呼び、実際の交信上では『ノーカードでお願いします』などと言います。前述のとおり、JARLの会員になればQSLカード交換も簡単にできますが、年会費がお高いですから、始めたばかりの人はとくに入っていない方も多いでしょう。

アワードを目指している方の場合は、カード交換をしない局は眼中にないのかもしれませんが、QSLカード交換自体に興味がないという方もいるでしょう。

このように現実的にカード交換はしない、できないという人もいますが、筆者は「カード交換できないなら交信しません」と言われたことは幸いにしてありません。どの局長さんも「かまいませんよ」と気軽に交信してくれますので、気にしないでよいでしょう。とくに初心者の方はお金をかけてわざわざQSLカードまで作る必要はないと思います。

交信をしたらログを取ることではじめてQSLカードの交換条件を満たす

一方、このQSLですが、QSLをするのであれば、必ずログ(記録)をとりましょう。

以前までは自宅運用や移動運用に限らず、アマチュア無線で交信をしたら、必ず交信相手のコールサインや日時、場所などその記録をとらなければなりませんでした。今はその義務も無くなり、ログをとらなくても良くなっています。

電波法に規定されていたもので、アマチュア無線の資格を持っている方であれば、勉強で何度も暗記したはずですので、もう聞くのもウンザリかと思いますが、そう、いわゆる「無線業務日誌」のことです。

英語ではログブックと言います。しかし、近年、その法律が改正され、無線業務日誌の備え付けそのものが必須ではなくなりました。それに加えて「正確な時計」もです。

かつては電波法令集も電波法第60条及び電波法施行規則第38条により、大半の無線局に備付けておかなければならない業務書類(法及びこれに基づく命令の集録)として規定されていました。

とは言うものの、大多数のアマチュア無線家はこれまでどおり、ログをとっているのが現状です。ログをとっておけば、以前交信した方かどうかわかりますし、その当時の気象などもわかり電波伝搬の具合も把握できるでしょう。交信したのにログを取っておらずに、交信した記憶も忘れてしまうと二回目につながった時に相手の局長さんに多少失礼かもしれません。

交信記録をとっておくことで、QSLカード交換が初めて可能に。

そして、QSLカード交換をするならば、ログがなければなりませんし、アワードやコンテストも同様です。ですから、法的な義務はなくなっても、QSLカードを交換したい方は必ずログは記録しましょう。

そのため、正確な日時を知るためにはやはり正確な時計もあった方が良いでしょう。もちろん腕時計でも壁掛け時計でも、正確であれば大丈夫。現在では携帯電話を多くの方が所持していますから、正確な時計を誰もが持っているという時代ですよね。

交信記録は紙に書き留めておくのも良いですが、パソコン上でログが管理できるフリーのソフトがお勧めです。


ログブックはアマチュア無線ショップで販売されている市販のログブックをはじめとして、自分でノートに線を引いて作ったものでも大丈夫です。

でも、せっかくパソコン時代ですし、無料で公開され誰でも自由にダウンロードして使えるログ管理ソフトがあるので、それも良いと思います。

というわけで、交信記録を書く目的には単なる記録だけでなく、QSLカード交換のための必要な情報の記録という理由もあります。


スポンサーリンク