おもしろ無線の周波数はどこに載ってるの?各種無線の周波数を知る方法!

広帯域受信機を使って各種無線を受信したい場合、あらかじめ周波数を受信機に登録し、効率よく受信しましょう。

闇雲に帯域全体をサーチするのは、いまだ発見されていない周波数を探し出す時(それ自体はミステリアスな面白い調査と検証作業ですが)以外は、常時データ送信しているキャリアなど不要な電波を拾ってその都度停止してしまう上に、ンボッ!ンボッ!とかブビビビ!という変な音で頭がおかしくなるので効率よくありません。

広帯域受信機については広帯域受信機のページにて解説しています。

広帯域受信機はスキャンとサーチが基本!周波数とうまく付き合うべし

あらかじめ受信機のメモリーバンクに目当ての周波数(123.45Мhzなど…)を1波ずつ、いくつも手作業、あるいは専用ソフトででメモリーしておき、それらの周波数を一つごとに高速でチェックしながら電波を受信する機能がスキャン(メモリースキャン)です。普段はこちらの手法で受信しましょう。

一方、お目当ての周波数帯域の下限と上限をセットし、その上から下まで高速で繰り返し探し続け、信号が出ている周波数を見つけると受信する機能がサーチです。例えば144.000Мhz~145.990Мhzまでのアマチュア無線の周波数帯域に割り当てられてる範囲内や、あるいは業務無線に割り当てられている各種帯域に絞って、信号の有無を上から下まで高速で繰り返しサーチし続け、信号を受信すると自動的に止まります。

つまり、既知の周波数をあらかじめ登録しておき、効率的に受信するのがスキャン(メモリースキャン)で、どこにも載っていない、誰も知らない、知られちゃいけない未知の周波数を探したい場合に使うのがサーチです。誰がデビルマンだ。

……したがって、一般の業務無線や航空無線の周波数など、すでに判明している既知の周波数であるならば、闇雲にサーチをかけるより、あらかじめ一波ごとに周波数をメモリーしておき、メモリースキャンを基本にすると効率的に受信できます。逆にアマチュア無線バンドの場合は、バンド全体をサーチしましょう。

ただ平日に時間が許せば、広帯域受信機のサーチ性能を活かして、地元で飛び交う業務無線などの電波を低い順からサーチしながらまとめあげ、ひとつづつ登録していくのも魅力的な検証作業で、大いにアリ。

IC-R6の基本的な使い方

まず、受信機の購入直後にすることは、本体にお目当ての周波数をひとつづつ登録していくこと。IC-R6ならば、最初から全国の主要な「空港」「鉄道」「高速道路」「バス」「特定小電力」「VHF消防・救急」「UHF消防・救急」などがプリセットされており、廃止された「VHF消防・救急」以外ならどれを聞いても受信可能。

しかし、自分のお目当ての地元企業や小規模飛行場などの周波数がプリセットされていることは、ほぼないと言える。そこで、周波数バイブルなどを見ながら自分で1波ごとの手作業または専用メモリーソフトでのメモリー作業が必要。

このようにして受信機本体に各種周波数を登録したら、普段使いではそれらの周波数を『スキャン』して受信するだけ。

なお、できるだけ、遠方の小さな信号も受信出来るように、スケルチは『オート』か『1』で受信すべし。スケルチの数値が大きくなるほど、近くの大きな信号しか拾わなくなるが、スケルチオートの状態で雑音が酷く、スキャンが止まる場合は、スケルチレベルを4か5くらいに大きくしよう。

IC-R6の多彩なスキャン機能

IC-R6のには以下のような各種のスキャン機能がある。

・ フルスキャン ・ バンドスキャン ・ プログラムスキャン
・ オートメモリーライトスキャン ・ メモリースキャン
・ バンクスキャン ・ SKIPスキャン ・ プライオリティスキャン
・ トーンスキャン ・ リンクスキャン

公開されている周波数と公開されない周波数がある

さて『すでに判明している周波数』とはいっても、その周波数はどこに載っているの?というお話にまいりましょう。警察や自衛隊、金融機関など一部業種を除けば、多くの周波数は公開されている情報です(付け加えますと、警察無線などの場合は周波数が判明したとしても、その高度な暗号通信を解読できる受信機は市販されていません)。

ある意味、いまさら聞けない「警察無線」超入門!非常に寒いオヤジギャグですが、警察用語で「ラジオ」は警察無線ではなく、「無銭(ムセン)飲食」です、はい。

周波数が業界、あるいは都道府県ごとにきちんとまとめられた冊子が市販されていますので、それを利用しましょう。安価な『周波数バイブル』、『周波数手帳ワイド』のほか、4000円ほどする「周波数帳」などが出版されています。

手軽に受信を楽しみたい場合は安価な周波数バイブルで十分実用的ですのでお勧めします。

周波数バイブルには消防、防災、マスコミ無線から行政無線、バス無線、その他官公庁無線が掲載されており、使いやすいでしょう。

しかも結構この本、初心者にはためになることが書いてあり「室内で室内用のアンテナを使って受信するのは大人のやることではない」といった、受信に関する有り難いアドバイスも多く掲載されています。

そしてもう一冊、周波数を完璧に網羅した周波数帳という冊子もあります。CD-ROMも付属しておりますが、国語辞典ほど分厚い上に価格は周波数バイブルの6倍ほどします。

でも、より詳しい周波数データがほしい方はこちらを利用してください。

現在では、「周波数帳オンライン」も公開されており、スマートフォンで利用できます。


周波数バイブル2015年度版、地域別かつ周波数順になっており、今までで一番使いやすく、見やすく工夫されておりオススメです。

追記・2016年に発売予定だったFB2017は編集者の病気療養のため、発売中止になったそうです。

http://www.magazineland.co.jp/news/cate_info/2016/08/581.php

航空無線に特化した冊子もあります。

総務省の無線局データベースを利用しよう

さらに、総務省の公式サイト上にある「電波利用ホームページ」にて無線局データベースが公開されており、だれでも利用ができますので、一度は目を通してみると良いでしょう。

データベースでは一般的な企業や団体の使う周波数が公開されています。もちろん総務省ではプライバシーを重視しており、個人名や住所などは掲載していません。

ただ、データベースには総務省が免許している全ての無線局の情報が載っているわけではありません。その重要性から総務省が非公表扱いとしている無線局も多数あります。

現在総務省が公表していない無線局には以下のものがあります。まず、国の安全、外交などに関わる無線局およびこれに準ずる災害対策用の無線局が非公表とされています。

例えば、自衛隊の使う防衛用周波数、消防防災用、水防道路用、水防用、防災行政用、 防災用、防災対策用、防災相互通信用、運輸関係災害対策用、航空保安用、 航空機製造修理事業用、外交用 、外務行政事務用など。

さらに犯罪の予防・取締りなどに関わる無線局として、捜査機関の周波数が非公表扱いとなっています。

当然、警察無線、検察、海上保安庁、法務省刑務所用、入国管理用、公安調査庁、税関、国税、検疫、麻薬取締官事務所、労働基準監督署、 漁業指導監督用、郵政監査用、非常警報用などが一切非公表です。

さらに民間の無線局では貨物自動車運送事業用に使う無線、いわゆる現金・有価証券などといった貴重品輸送警備を行う警備保障用の周波数、また金融機関の周波数も非公表です。

典拠元 総務省公式サイト「無線局等情報検索」
http://www.tele.soumu.go.jp/j/musen/sp/
http://www.tele.soumu.go.jp/musen/SearchServlet?pageID=1

いかがでしたでしょうか。このように周波数には公開されているものとされないものがあります。うまく周波数と付き合っていくためには受信機のメモリースキャンとサーチ機能を適宜活用しましょう。

なお、当サイトの他の記事でも触れているとおり、歯抜け受信機では一部の周波数が受信できません。当サイトがおすすめする広帯域受信機についてはこちらで解説しています。

免許不要の広帯域受信機で各種無線を聞こう!

各種無線の受信をしてみたい場合は、くれぐれも歯抜け受信機は購入しないでください。


スポンサーリンク