アイコムが公式にIC-R6を萌えキャラ化!薄い本で『受信改造』待ったなしか?

さて、日ごろから筆者がオススメし宣伝活動を行い、多方面から熱い支持を得ているベストセラー・レシーバー『IC-R6』。皆さんはもう購入されたことと思う次第。

【航空無線受信テク】航空無線を受信するためにはまず広帯域受信機を購入しよう!

そして『IC-R6』に関して、2021年5月18日、とんでもない情報が飛び込んできた。なんと製造販売元であるアイコム株式会社 | Icom Inc.が『IC-R6』を公式に擬人化(萌えキャラ化)したと同社がプレスリリースを行ったのだ。

2021.05.18擬人化キャラクター誕生のお知らせ https://www.icom.co.jp/news/6320/

プレスリリースに拠れば、今回アイコムから公式にデビューした美女はKira、Akane、Soraの3人。その名も無線ガールズ

3人の女性(年齢不詳)はそれぞれ黒、青(メタリックブルー)と赤(メタリックレッド)の服を纏っているが、そう、これは『IC-R6』にラインナップされている各カラーをイメージしているのだ。

実は2017年に突如として登場したこの「メタリックブルー」と「メタリックレッド」の2色のカラーバリエーションにも逸話がある。

アイコムとしては、すでにアナログからデジタル化へ進み、年々減るマニア人口、斜陽となりつつある『おもしろ無線受信』という趣味を航空無線受信に特化させ、新たな航空無線ファンを取り込み、巻き返しを図りたい意図があった。おりしも、それまで登山や鉄道といったオトコの子の趣味に女子が浸透しつつあった。そして出てきたのが、飛行機の撮影に萌える女子「空美ちゃん」なる新しい顧客層。

そんな彼女たちに訴求したい営業戦略がアイコムにあったのか、全日空(ANA)を「メタリックブルー」、そして日本航空(JAL)を「メタリックレッド」でイメージしたエアーバンダー向けのIC-R6が登場。

アイコムでは彼女ら無線ガールズを『航空無線受信』に特化させたい意図があるようで、キャラのバックには旅客機を配置、また客室乗務員を思わせるスカーフを3人に着用させている。

さらに頭部にはIC-R6のダイヤル、耳にはアンテナを装着。そして、スカートはIC-R6の大型で音声明瞭なスピーカーをイメージしたデザインとなっている。もう全身を使ってIC-R6をアピールしちゃってるわけ。

おっと、彼女らの着ている上着の胸に『ICOM』の文字も見逃せない。社員なの?

今回の『無線ガールズ』デビューも、男の子だけでなく、女性エアーバンダーに向けた戦略の一環だろう。

もちろん、IC-R6は航空無線以外にもアマチュア無線、業務無線、消防署活系、さらにはあーんなムフフな電波まで受信できちゃう超・高性能の人気レシーバーだ。ムフフな電波ってアンタねえ……。

スポンサーリンク

余談だが、受信ガールといえば30年ほど前の映画『7人のおたく』に登場したオタクの一人、受信マニアの女子中学生・令子を思い出す。

『七人のおたく』と『電車男』に見る時代別のオタク考察

また、二次元の世界で美少女×おもしろ無線受信趣味といえば、ラジオライフ誌上で長年連載された横山公一氏の描くアマチュア無線部の女子高生のユルい日常を描いた4コママンガ『NORI子ちゃん』を思い浮かべる人も多いだろう。

おもしろ無線受信ガイド ver.11 (三才ムック VOL. 295)

2010年に発行されたラジオライフ別冊の『おもしろ無線受信ガイド ver.11』。液晶表示部や各操作ボタンを散りばめた無線ガールズのコスチューム・コンセプトは同誌で活躍した横山公一氏のIC-R6とVR-160をイメージしたコスチュームを着るおなじみのキャラを想起させる。

アマチュア無線部に所属する主人公の女子高生・のり子と、セーラーマーズに似た級友の井上アイ子(元ネタは旧・井上電機、現在のアイコム)が毎回、警察(無線)ネタ、自衛隊航空祭での受信ネタを始めとする濃いギャグを繰り出すマンガであったが、とくに落し物のラジオライフ周波数手帳のメモ欄に警察関係者の氏名と電話番号がぎっしり手書きされていて、拾った彼女らが戦慄するオチは爆笑したものだ。

だから二次元美少女×おもしろ無線受信のコラボは別に目新しいわけではないが、アイコムが公式で投入してくるあたりは『時代だな・・・・・・』と思う次第だ。

なんだか、アマチュア無線を主題にしたアニメ製作の布石にも思えるが、この会社、ハンディ型IPR警察無線機も作ってるんだよなあ・・・…と思うと、心情は複雑である。

おっと、アマチュア無線のアニメといえば、1984年放映の以下の作品も必見だ。

ミームいろいろ夢の旅 第73話(1984年)で詳しいアマチュア無線の描写あり

ともかく、アイコムでは彼女たち3人の無線ガールズを今後、等身大パネルの展示や様々なイベントに出演させる企画を行うとしており、受信マニアの間で話題になりそうだ。

ただ、ツイッターでは早々に『無線ガールズじゃなくて受信ガールズだろ・・・』というようなツッコミも見られた(うちのサイトみたいである)。

また、ツイッターといえば彼女たち無線ガールズのアカウント(ICOMオフィシャル擬人化、無線ガールズプロジェクト公式アカウント)も同時進行しており、キャラクターの紹介や、今後のイベント情報などを届けるとしていたが、アイコムに拠れば、こちらはなぜか『不具合』により、現在運用停止中。アカウントが見つからない。

こちらも『頭の固いおじさん連中からクレームがあったのでは?(※筆者ではありません)』というような憶測や『13歳以下の設定だったのでは?(twitterは規約上13歳以上の利用者のみ)』などの憶測が見られた。

追記 5月21日に復旧したようだ。

いずれにせよ、彼女たち無線ガールズが薄い本で『受信改造』されないか、おじさんは心配である。

そしてもちろんお約束として、より多くの帯域の電波が受信できるように販売店で改造された『受信改造済み』のIC-R6を購入しましょう。

スポンサーリンク