基本的に日々運行されているすべての航空機は民間機、軍用機問わず、安全および効率のよい飛行のため、常に地上の管制当局から航空管制を受け、連絡、位置・高度や飛行方向、航空路や目的空港の気象状況等のやり取り、それに指示を受けることが欠かせません。

これらの航空通信はもっぱら近距離用のVHF帯と、洋上を航行する航空機との遠距離通信用としてHF帯及び衛星系の周波数を使って行われています。これがいわゆる航空交通管制通信と呼ばれる管制波です。

一方、民間航空会社、あるいは警察や消防といった行政機関などが、それぞれの所属航空機との間で日本語で業務連絡を行う通信がいわゆる運航管理通信と呼ばれるカンパニーラジオ(カンパニー波)です。

航空無線の周波数は数あれど、航空会社などの地上局と、上空の操縦士が直接日本語で交信するカンパニーラジオは、日本語での交信が基本なので理解しやすい航空無線と言えるでしょう。

この項目では航空交通管制通信とは違う、一種の”航空事業者版業務無線”とも言える運航管理通信としてのカンパニーラジオについて解説してまいります。

heli
北海道のテレビ局『STV』のヘリ運行は北海道航空が受託している。速度に勝るドーファン・ジェットヘリは、ファイターズが優勝パレードをすれば飛び、クレーンがダムで倒れりゃ飛び、飲酒運転カーレースが起きりゃ飛び、他社のヘリを押しのけて事故・事件現場まで真っ先に駆けつけ、高倍率のカメラでナマ撮りされた画(え)は自局の『どさんこワイド179』やNNN系列のニュースで速報される。

航空管制が管制官とパイロットとの交信であり、非常に早口かつ英語が基本であるのに対し、カンパニーラジオはパイロットと航空会社の運航スタッフ(ディスパッチャー)がより正確に”じっくり詳しく”状況や指示を説明するため日本語で交信します。

防災ヘリや消防ヘリも地上の航空隊基地と連絡は欠かせない。ただし、デジタル消防無線を使う例も増えており、その場合は当然ながら傍受できない。

大手民航以外にも、マスコミ、防災ヘリ、警察ヘリの使うものまで幅広く全部ひっくるめて、カンパニーラジオと呼称されています。

民間の旅客機では気象情報(ウェザー)、到着予定時刻、機体の状況、乗客に関すること、その他の連絡事項、行ってきまーすのあいさつで社内連絡が主です。

事件事故現場の上空でマスコミや行政機関のヘリが数機集まると、通常は122.60MHzローカルが開局し、お互いが位置情報を伝えたり、飛行安全上の注意喚起を行いますが、相手の会社のカンパニーの周波数に割り込む場合もあります。

こちらも空港が近くになくても、高空の航空機から発射される電波ですので、3000フィート上空のヘリコプターで100キロ以上離れていても広範囲で聞くことができます。

スポンサーリンク

消防・防災ヘリのカンパニーラジオ解説

airbandinfo_image_007
北海道防災航空隊の『はまなす2号』。道内各消防本部から選抜された消防士が丘珠空港所在の航空隊に出向して任務にあたっている。ひとたび災害が発生すれば、現場上空には航空機相互間通信周波数122.600Mhzや災害時飛行援助通信周波数123.450MHzも突如として開局し、カンパニー同様に騒然とする場合もあるので忘れずメモリーしておきたい。

消防・警察・防災ヘリの無線「カンパニーラジオ」について解説していきましょう。

人命救助に携わる第一線のエアレスキューといえば、行政機関の防災ヘリや消防ヘリです。北海道では政令指定都市である札幌市消防局のみが消防ヘリコプターを運用しており、その他の道内市町村は消防ヘリを持っていません。

そこで機動性を活かした救助支援を道内各市町村役場から要請された場合、日中であればホームベースとする札幌丘珠空港から、道防災航空隊の所有する道防災ヘリ「はまなす」や、警察24時でお馴染みの道警本部地域部航空隊の「ぎんれい」などに出動要請がなされます。

夜間悪天候であれば、航空自衛隊の航空救難団など全天候型救難ヘリを配備する自衛隊の出番。

さらに刑務所から脱走犯が出れば赤外線カメラを積んだ海上保安庁ヘリの出番です。新潟の登山親子行方不明で赤外線ヘリを使わなかったのは永遠の謎とされています。

警察や消防、防災ヘリのカンパニーラジオも業務連絡が主ですが、警察ヘリの場合、犯罪取締りに関する連絡はデジタル警察無線で交信しており、カンパニーを使うことは100%ありません。また消防でもデジタル無線を使うことが増えています。

資料 http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sm/ktk/Helicopter/shiryo8.pdf

防災ヘリ、警察・消防の各ヘリがカンパニーで使うコールサインはJAナンバーのほか、JAナンバーをもじったコールサイン(北海道警察は㏋をもじったホテルパパやハッピーなど)、さらに機体についてる愛称などを使います。

【カンパニーラジオ(MHz)】
129.750 131.150 131.875
131.925 131.975

出典 https://radiolife.com/security/2052/

 

ドクターヘリとして、警察用として世界各国で人気のヘリ・ユーロコプター EC135。画像はドクターヘリ。なんと外部スピーカーに加え、着陸時に鳴らすサイレンもついている! EC135には都会的な空がよく似合う。ビルの谷間で。そして屋上で。静穏性に優れていると言うが、テールローターのないノーターシステムを採用したマクドネル・ダグラスMD902に比べると相当大きい。

緊急搬送にも使用される消防ヘリや防災ヘリ、さらにドクターヘリなどは地上の消防、救急隊と密接に連携する関係から、第三者が傍受できないデジタル消防無線を使用する場合もあります。

『ヘリテレ連絡波』も聞き逃せないが平時の交信頻度は少ない

現代の消防防災ヘリや警察ヘリには電送用テレビカメラ・ヘリコプターテレビ電送システムが装備されており、災害時などは災害対策本部などへ14.80Ghzなどで映像電送ができます。当然、ヘリテレ用周波数は映像送信用ですから、380Mhz台に割り当てられている音声連絡波を傍受しましょう。

ヘリテレ連絡波の周波数各種資料 http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sm/ktk/Helicopter/shiryo8.pdf

ただ、2013年からは東京消防庁がヘリテレに代わって新たにヘリサットと呼ばれるヘリコプター直接衛星通信システムを導入しており、これまで電波遮へいの発生によって通信できない空白地帯が全国各地に存在していた問題の解消につながると見られています。

画像出典 日本経済新聞社 https://www.nikkei.com/article/DGXNASFK29034_Z20C13A3000000/

このようにヘリサットが主流になればヘリテレの未来は暗いものと言えるでしょう。

エアラインのカンパニーラジオ解説。大手民間航空会社のカンパニーラジオはターミナルとエンルート用の二種を効率よく聞き分けよう

大手航空ではターミナルとエンルート用の二種があります。たとえば、129.850MHzはエアーニッポンのカンパニー周波数(ターミナル用)です。

航空無線ハンドブック 2017 (イカロス・ムック)航空無線ハンドブック 2017 (イカロス・ムック)
4802202318 | イカロス出版 |  2016-09-28

 

エアーバンド(航空無線)周波数データブック2016-2017

エアーバンド(航空無線)周波数データブック2016-2017

B01N9UPDD0 | 三才ブックス |  2017-01-23

airbandinfo_image_0008

民航大手ではそれぞれカンパニーラジオを使って運行管理部門と飛行中の航空機との間で運行に関する簡易な連絡を行っています。

先ほど解説した防災ヘリなどの場合、カンパニー波は基本的に一波ですが、大手の航空会社で使用されるものには2種類あります。

まず、航空路まで上昇したのちの航行で主に使用する「エンルート」と、空港内で離陸前に使う「ターミナル」の二種類があり、現在大手ではJALグループとANAグループ、それにスカイマークがこの二種のカンパニー波を使い分けて使用しています。

当然、空港で使うターミナル用の周波数は空港から離れた位置での受信は難しいので、普通は航空機が空の上から発射するエンルート用のカンパニーラジオの周波数を主に受信してみましょう。もちろん、空港に出向いた際に受信するため、ターミナル用周波数もメモリーしておくことを忘れないようにしましょう。

また同じ会社でも地域や空港ごとに周波数が異なります。例えば、北海道で受信する場合は道内に加えて、青森空港の各社カンパニー周波数をメモリーしておくと低いVHFの電波は数百キロは余裕で飛びますから意外と受信できます。他の地域も同様。地元だけでなく、少し遠くの地域の周波数もメモリーしておきましょう。

この周波数も周波数バイブルなどで地域ごとに掲載されていますから一冊購入しておきましょう。

場合によってはパイロットの声こそ冷静でも、地上職員の運行不手際からディスパッチャーに嫌味を言ったり、いらいらした感じが伝わってくることもありますが、ほとんどが敬語で紳士的な口調で話しています。自衛隊のように衆道のオラついた野球部口調ではありません。

新北九州空港‐羽田などに定期便を就航する就航する2002年創立の「スターフライヤー」のカンパニー周波数は128.975MHzであると総務省 電波利用ホームページ内の無線局免許状等情報が公開している。日本の航空業界の旅客機としては非常にえげつない真っ黒のカラーリングで ステルス機のような軍用機を思わせる (朝日っぽく書いてみました)。 しかし、これどう見ても「黒ミサ航空」のインスパイア・・?筆者もよく飛ばしたもんです。羽田を離陸してレインボーブリッジ上空を通過する黒ミサ航空はやっぱエゲツなかった。黒ミサ航空公式サイト。kuromisa airways homepage

気象に関する事項

最も多いのがウェザー、つまり気象関係の連絡でしょう。

整備に関する事項

エンジンの油圧やブレードのピッチなど旅客機の運航トラブルに直結する機材関連の障害も地上クルーと連絡を密にしなければなりません。

乗客に関する事項

やはりVIPが乗り込むとそれに関するやり取りが多くなる場合があるようです。

なお、外国の航空会社には無線局免許が与えられないため、日本空港無線サービスを使用しています。

典拠元 http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n232594

これらカンパニーラジオの交信はアイコムのIC-R6(受信改造済)&HE47M PちゃんイヤホンSETで受信可能です。
IC-R6(受信改造済)&HE47M PちゃんイヤホンSET

カンパニーラジオのまとめ

  • 防災ヘリや大手航空会社が業務連絡に使う無線がカンパニーラジオである
  • 日本語かつ、ゆっくりとした口調での交信が基本のため、航空無線初心者の受信に好都合
  • 管制波に比べると交信頻度は高くないので、大手航空会社のカンパニー周波数は残さずメモリーしよう
  • 大手航空会社はエンルートとターミナル用の二種類の周波数を使い分けている
  • 地元以外のカンパニー周波数も入れておけば聞けるチャンスが増える

スポンサーリンク