アマチュア無線が出る漫画とアニメ解説

アマチュア無線が登場するドラマや映画というのは非常に多く、中でもウルトラマンをはじめとするかつての特撮物にはかなりの頻度で登場したそうですが、漫画やアニメの世界ではどうでしょうか。

この記事では『アマチュア無線が登場するマンガやアニメ』として、筆者が知る数作品をご紹介していきます。

以降の記述には物語・作品・登場人物に関するネタバレが含まれます。

とてもお得な情報が記事の中程にありますので、お見逃しなく!

少年の町ZF

1976年から79年まで『ビッグコミックオリジナル』にて連載された小池一夫氏原作、平野仁氏作画の「少年の町ZFは人間の血液を求める宇宙人により、人間がバンパイアにされて侵略される世界、そしてそれに対抗すべく日本の少年たちが知恵と勇気を振り絞って戦う物語。

その生き抜く彼らの物語は”ゾンビもの”でもあり、冒険サバイバル漫画でもあります。

作中、アマチュア無線技士として活躍していたのが、村地日出男と、向井洋介という二人の少年。彼らはある日の夜、アマチュア無線で交信中、東京上空に現れたUFOの編隊『ラボック光』を目撃。

ラボックライトといえば、UFO研究家にはおなじみの1957年発生のテキサス州ラボック近郊での謎の光が目撃された事件です。ただ劇中の台詞での説明は1951年となっています。しかし、目撃した11人の少年らのうち、5人がラボックライト事件を知っている様子は当時のUFOブームの高さを思わせます。ところで、当時宇宙人ブームの頃、子供たちが”目撃例”として描いた宇宙人の姿は当時流行していた手塚治虫さんの絵や特撮モノの怪人にすべからず似ているのがなんとも言えません。

ただ、村地日出男と向井洋介が使っていた無線について説明では『アマチュア無線交信中に・・・』とあるものの、このシーンでの彼ら二人のコールサインは明らかにアマチュア局のものではないため、詳細は不明です。

翌日彼ら11人の少年は東京郊外の高尾山へ着陸したかもしれないUFOの母艦を探しにそれぞれが集うなか、自転車に無線機をつけた「チャリンコモービル」で颯爽と”交信”する村地と、向井の二人。「天気がよくてFB、FBですよ~」などとご機嫌な彼らですが、この高尾山でのUFO探しが11人の少年と、それ以外の人類との命運を分けることになるとは誰も思っていなかったのです。

見せ場は物語後半。村地がアマチュア無線で、自分たちと同じ”非バンパイアの人類”を探してCQを出し続けた結果、”ある方法”でバンパイア化を防いでいた女性化学者が応答、物語のクライマックスへと向かっていくシーンが印象的です。信じがたかったのでしょう。少年らは思わず歓喜の涙を流します。しかし、女性研究者の身体は・・・。

余談ですが、『生き残った地球人がアマチュア無線を使って他の生き残った人々に呼びかける』という演出は小松左京原作の小説および映画の『復活の日』でも見られます。ある国が開発したウイルス兵器により、35億もの人々が死亡してしまった地球では南極基地などに少数の人々が生存するのみ。映画では各国の南極観測隊員たちがアマチュア無線で”外の世界”との交信を試み、状況の把握に努めようとします。当該シーンでのCQ呼び出しのシーンは見せ場の一つでもあります。

日本の南極観測隊の昭和基地隊員たちが必死のCQ呼びかけをしている最中、アメリカ・ニューメキシコ州にあるサンタフェの農場に住むらしきトビー少年の声をキャッチします。母親はすでにウイルスに感染し命を落とし、父親も重篤で残されたのは5歳の彼だけだったのです。

おそらく両親のアマチュア無線機でしょうか、トビー少年はそれを使い、泣きながら寂しさと不安を誰かに訴えます。日本の観測隊員たちは必死にトビー少年に応答し励まそうとしますが、彼は5歳ゆえか、話終えたらマイクのPTTスイッチを離さなければ、他の無線局からの電波を受信できないことを知りません。

隊員は必死にスイッチから指を離しなさいとトビー少年に(大出力で?)呼びかけますが、送信状態の彼は気が付きません。トビー少年は誰からも応答がないことに絶望し、父親の銃に手を伸ばし・・・。『アマチュア無線が人の命を救えなかった』という、やるせない結末でした。

幻の大岩魚アカブチ(“釣りバカたち”より)

昭和48年6月3日の『少年マガジン』が初出となる矢口高雄さんの「釣りバカたち」シリーズに登場する「幻の大岩魚(オオイワナ)アカブチ」という一本も見逃せません。アマチュア無線で互いに情報交換を行い、友好を深め、実際にアイボール(釣りミーティング?)するという、70年代当時、若者同士のコミニュケーションツールとして最先端だったアマチュア無線を描いた王道的な内容となっています。『少年の町ZF』より、さらに詳しく無線の概要説明が行われています。

 

JH1WXY局による模範的なCQ呼び出しと応答の様子、さらにコマの欄外にはアマチュア無線の詳しい説明が。出典 矢口高雄「釣りバカたち」第三巻「幻の大岩魚アカブチ」より

東京の世田谷に住むヒロインのピンちゃん(JH1WXY)は自宅の自室をシャックにして、ハム仲間のシゲちゃん、シンちゃんとともに日々ラグチューに興じています。そんなある日、ピンちゃんは東北在住のトリプルXくん(JA7XXX)と7MHzで知り合い、ラグチューを交わすうちに彼に興味が沸きます。

ところで、トリプルXくんと作中で呼ばれている『JA7XXX』というコールサインをシゲちゃんとシンちゃんらは心底、羨ましがっています。7エリアではありませんが、実際に『XXX』というサフィックスは、過去何例か発給されていた史実があるようです。しかし、現在『XXX』というサフィックスの局は総務省の無線局検索ではヒットしませんでした。

ちなみに、ピンちゃんのサフィックス『WXY』も十分に魅惑的でしょう。

そして、ついに交信相手の「トリプルXくん」の住むA県(7エリア、すなわち東北地方。矢口高雄氏の生まれ故郷の秋田かもしれません)まで、シゲちゃん、シンちゃんらと共に特急で9時間かけてやってきたピンちゃん。

ピンちゃんはショルダー式のハンディ機を携行してきており、着いた駅で早速、颯爽と呼び出そうとするも「トリプルX」くんこと中村吾郎くんはすでに駅に到着しており、めでたくアイボール。

そして3人は吾郎くんの自宅に招かれ、彼が所有する当時最新のFT-101というリグに3人は羨望のまなざしを向けます。FT-101は現代でも20世紀不朽の銘作機として伝説化されています。

この作品を今読んで当時の時代背景を伺うと、やはりアマチュア無線は当時、若者同士のリアルタイム・コミニュケーション・ツールとして絶大なる力を持っていたんだなと思います。インターネットやSNSなんかなくても、都会と地方のリアルタイムな情報の格差などは微々たるものだったのかもしれません。とくにテレビやラジオの電波に載せられないような話題、それに前述の『少年の町ZF』じゃないですが、UFOや宇宙人(※70年代後半は宇宙人ブーム全盛だったそうです)目撃など、オカルトの話題もこうやって瞬時に全国に広がって行ったんでしょうか。

さて、「幻の大岩魚アカブチ」本編にはアマチュア無線の目的と概要解説、多様なQ符号、カード交換の習わしなど、驚くほど詳しく解説されていることから、矢口高雄氏もしくはアシスタントさん方にハムがいたのでしょう。ただ、筆者も同氏の作品は本作『釣りバカたち』のほか、『釣りキチ三平』、『ふるさと』、『蛍雪時代』、『9で割れ!』などを読んでいますが、同氏の漫画で他にアマチュア無線が登場する作品は無く、矢口氏自身が無線従事者かどうかも不明でした。逆に免許を未取得で、周囲の無線従事者の助言だけでここまで描いていたならば、やはり矢口氏のエンターテイナーとしての才能には驚くばかりです。

ちなみに当時、漫画家にもアマチュア無線が流行しており、コミック版 最新ハム問題集 (CQ comics)でおなじみの、すがやみつる氏などは漫画の制作中も無線をやっていたそうで、両手が作画作業で塞がってしまうときは足元にマイクのフットスイッチを設置し、足でスイッチを踏んでQSOしていたと、以前ご自身のブログで言及されていました。

レピーターの解説記事でも触れていますが、鷹見吾郎(すがやみつる氏)原作・下條よしあき氏作画『マイコン刑事』でも、アマチュア無線などが登場しています。

アマチュア無線のレピーターは遠距離通信ができる中継局だっ!その仕組みと使い方

『平成版釣りキチ三平』では、魚紳さんがパソコンとネットで魚を調べあげ、三平くんも携帯電話(魚紳さんのではあるが)で通話するなど、文明の利器にどっぷりはまっていましたが、矢口高雄氏にはアマチュア無線と防災のマンガなんてぜひ描いて頂ければ…。そう、矢口氏といえば、日本海中部地震を描いたドキュメンタリー的漫画『激濤(げきとう) Magnitude7.7』が知られており、矢口氏も東日本大震災による津波被害の作品化を考えていたそうですが、体調を崩していて果たせなかったとのことです。

矢口高雄さん逝去

2020年11月20日、『釣りキチ三平』などで知られる漫画家の矢口高雄さんがお亡くなりになられました。謹んでご冥福をお祈りいたします。

なお、上に挙げた『少年の町zf』『釣りバカたち』『マイコン刑事』はAmazonの『キンドル・アンリミテッド』に入会すれば、月額980円で読み放題・無料で読むことができます。

Amazon Kindle Unlimitedに入会すると、月額980円でライセンスフリー無線完全ガイド Vol.2 三才ムック vol.962のキンドル版など三才ムックが出版している多くのアマチュア無線関連書籍をはじめとして、キンドル本として販売されている本(小説、コミック、雑誌、写真集など)のうち、100万冊の電子書籍がでどれも無料で読み放題です。Kindle端末がなくても、Kindleの電子書籍はパソコン(ブラウザやアプリ)やスマートフォン(アプリ)で読むことができます。この機会にぜひ入会しませんか。

ブラックジャック「ハローCQ」

手塚治虫氏の名作『ブラックジャック』のなかにもアマチュア無線を描いた一本があります。日本と外国の少年ハムがアマチュア無線のDXで知り合う、その名も「ハローCQ」という一編です。ラグチューから友好を深めた二人は、ある日アイボールをすることになるのですが・・・。

このお話は2005年のテレビアニメ版の際にも題材に使われましたが、アマチュア無線はさすがに今の時代にそぐわないのか、インターネットのチャットに置き換えられています(だって、ブラックジャック先生がパソコンを得意げに操作するくらいですから!)。

チャットで「CQCQ・・・」と打つシーンがなんとも言えません。

アマチュア無線の出るアニメ作品

一方、アマチュア無線が出るアニメはどうでしょう。

国外ではアメリカの人気テレビアニメ『ザ・シンプソンズ』にてアマチュア無線が登場しています。原子力発電所に検査官として勤務する主人公のホーマーがライセンスとコールサイン『WA3QIZ』を持っているようで、意外と多くのエピソードでアマチュア無線を描いており、驚かされます。

これについては、外国のサイト様が詳しく紹介しています。

The Simpsons in Amateur Radio

そして、日本のアニメでおそらくもっともアマチュア無線を詳しく描いた作品は二つあります。

ひとつは意外や意外、あの国民的アニメ「ちびまる子ちゃん」で、1997年に放映されたseason2の133話にその名もずばり「まる子、アマチュア無線にあこがれる」という回があり、かなり詳しく突っ込んだ内容になっています。

筆者はAmazonプライムに入会しており、付加サービスとして動画見放題が使え、ちびまる子ちゃんの本エピソードを無料で視聴できましたので、ネタバレご紹介します。※2021年現在、本作は無料視聴の対象ではなく、本作は視聴できません。

クラスの秀才、長山君がアマチュア無線の免許を取得したことに興味を持ったまる子たちが、長山君の家でアマチュア無線の運用を実際に見せてもらうという内容です。

「養成講習会でも免許が取れるよ」との長山君のアドバイスで、まる子たちもいったんはハムの道を目指そうとするものの、長山君に見せられた講習会のテキストの難しさ(そもそも学校で習っていない漢字があった)に断念し、顔面蒼白で帰路に着く……というラストですが、”偶然”通りかかった野口さんも実はアマチュア無線の免許を取得しており、長山君の交信をワッチしていた……というオチが面白かったです。

そもそも、原作者のさくらももこさん(JI2EIT)が従事者免許所持者だそうです。つまり、現実のちびまる子ちゃんはアマチュア無線家なんですね。『(現実の)ちびまる子ちゃんはアマチュア無線の資格を持っている』って言葉にすると、言葉の破壊力がすごいですよね……。タモリさん(JA6CSH)がへーを連打しそう。電鍵でな。あ、たまちゃんも取得してますぞ。まじで。

『ちびまるこちゃん』原作者のさくらももこさん逝去

平成30年8月15日、ちびまるこちゃんの原作者であるさくらももこさんがお亡くなりになられました。謹んでご冥福をお祈りいたします。

二つ目は『ミームいろいろ夢の旅』という80年代に放映されたテレビアニメです。別記事にて詳しく解説していますが、電波法と資格、電波の特性、実際の運用、フォックスハントまできちんと解説された驚くべきアニメです。

1984年放映のテレビアニメで登場したアマチュア無線の驚きの描写とは?

上記二つの作品以外では『City Hunter3』の11話で悪役がアマチュア無線の430MHzで悪巧みの連絡をして悪用していたほか、近年のアニメ映画では「崖の上のポニョ」でアマチュア無線が登場しています。主人公・宗助とその保護者、リサが内航船の船長のパパへ、8メーターバンド(50MHz)で呼びかけるシーンがありますが、リサによるアンテナ設置と交信の描写がリアルです。前述の通り、ハム(Ham)といえば、おなじみ”アマチュア無線家”のことですが「崖の上のポニョ」では、お肉の「ハム」と無線家の「ハム」をコラボさせた高度なギャグが話題になりましたよね。

アニメ以外では『七人のおたく』という映画があるのですが、こちらもアマチュア無線や受信趣味が描かれた興味深い作品です。実は『七人のおたく』にも山口智子は「りさ」役で登場し、消防無線傍受趣味の女子中学生らと繰り広げるストーリーが大変興味深いです。

『七人のおたく』と『電車男』に見る時代別のオタク考察

余談2。ただ「崖の上のポニョ」に見られる”ハムにハムをかける”原点は、どうやら1956年に製作された映画「空と海の間に (原題 Si tous les gars du monde)」にあるようです。『空と海の間に』は人名救助に奔走する世界各国の人々を描いた作品ですが、発端は”ハム”のボツリヌス菌、そして病原菌に犯された船員たちを救うのも”ハム”、つまりアマチュア無線家たち、という作品なのです。

余談3。なお日本でも1989年、明らかに『空と海の間に』をリメイクしたと思われる『空と海をこえて』という題の2時間ドラマが放映されています。ただ、ボツリヌス中毒の発生と、その血清を緊急に届けるという内容はほぼ同じですが、こちらは当時最先端であったパソコン通信とBBS(チャットルーム)による書き込みが人命救助につながるというストーリーであり、アマチュア無線は登場しません。

沖縄県八重山郡竹富町に属する八重山諸島の島、新城島でのキャンプに向かった子供たちが現地調達の食材と調理の不備が元で、ボツリヌス中毒に罹りますが、電話機は壊れていて連絡ができません。しかし、電話回線は生きており、ノートパソコンとモデムを接続し、BBSにSOSのメッセージを書き込むことで助けを求めます。血清はフランスのパスツール研究所にしかない特別なG型。人々の善意で遥々フランスから届いた血清は千葉市消防局に託され、同救急車にて近隣の自衛隊基地へ運ばれ、陸上自衛隊の大型ヘリが飛び立つ場面と、新たな学期を元気に登校する子供たちの笑顔で締めくくられます。

鎌田洋次著『カモシカ』にみるアマチュア無線機のAMラジオ受信による天候予測