2015年に新たな無線機を購入しましたので開局時以来、2度目の電子申請を行いました。今回は「変更申請」です。変更申請については、技適番号のある一般の市販のアマチュア無線機であれば、手数料などは不要で申請ができます。

総務省のアマチュア無線専用『電子申請Lite』にて新しい無線機の技適番号を記入して申請を出すと、5日目に管理画面上でステータスが「受付処理中」から「審査中」に変わりました。

前回の免許状受け取りでは郵送を選びましたが、今回は勉強のために総合通信局まで出向いて、免許状を直接取りに伺いました。

念のため、局のメールフォームから自分の氏名と申請時の受付番号を添えて事前にお問い合わせをさせていただいたのですが、わざわざ電話をいただきました。

それによれば「局は平日の8時から5時までの間、業務を行っており、この間ならばいつ来ていただいてもかまいません。免許証などの身分証をご持参のうえでご来所ください」とのことでした。

受け取り自体は局のオフィスの受付にて「アマチュア無線局の免許状を受け取りに来ました」と伝えると、すぐさま応接のパイプ椅子に通され、従事者免許証を見せて身分確認が行われます。

ところで、この椅子にかかってる椅子カバーはなんと、電波りようこでした。目の前にも電波りようこのポスターが貼ってあります。

2分ほど待つと、担当の職員が来て免許、そして赤い証票のシールを渡してくれました。やはり新鮮だったのは免許状が”折りたたまれていない状態”だったことです。

なお今回もまた・・電波りようこの載ったパンフレットをいただきました。職員の方と電波りようこに感謝です。

さて、このように無線局免許上の直接受け取りを今回は体験し、その流れを簡易的にまとめてみました。もちろん、各総合通信局によって対応は違うと思いますので、念のため確認の上で受け取りをしたほうが良いでしょう。


スポンサーリンク