2018年、無線局免許証票(シール)廃止へ!今後はモービル運用では局免を車に積むようになるの?徹底検証!


モービル運用では局免を車に積むの?

これまで自宅でアマチュア無線機を使用する場合、無線機のある場所の見やすい場所に無線局の免許を掲げることが、電波法施行規則で決められていました。

それまでの電波法施行規則第38条第2項

免許状は、主たる送信装置のある場所の見やすい場所に掲げておかなくてはならない。ただし、掲示を困難とするものについては、その掲示を要しない

しかし、電波法施行規則等の一部改正により、平成30年3月からは『掲げる義務』がなくなっています。総務省ではその理由を以下のように説明しています。

免許状は、これまで、主たる送信装置のある場所に掲示することを義務としていましたが、無線局に備え付けておくことでも支障がないことから、免許状を掲示する義務を、平成30年3月1日をもって廃止します。

なお、船舶局、無線航行移動局及び船舶地球局の免許状については、従来どおり、掲示することを義務としています。また、アマチュア局の免許状についても従来どおり、無線設備の常置場所への備え付けとしています。

典拠元 総務省総合通信局 http://www.tele.soumu.go.jp/j/haishi_kanwa/

つまり、掲げる義務はなくなりましたが、備え付ける義務は現在もありますので注意をしてください。

一方、車で「移動する局」として、アマチュア無線を楽しむモービルハムにとって「無線局免許状」は車に積むのでしょうか。

移動する局であっても無線局免許状自体は「無線機の常置場所に備える」という規定になっており、車を無線機の常置場所にはできませんから、必然的に自宅が無線機の常置場所=免許状を備える場所です。

つまり、無線機は普段、車に積んであっても、局免自体は無線機のある場所に絶対に備え付けなければなりません。でも、それではモービル運用をする場合、正当に無線局免許を受けているかわかりませんよね。

そのため、無線局の免許状を備え付けることが難しい陸上移動局などが「免許を有していること」を明らかにするために無線局免許証票』というシールが総合通信局より発給されるのです。
スポンサーリンク

そう、車には局免を積まない代わりに、この無線局免許証票(シール)を必ず備えることが決まっているのです。

なお、総合通信局の公式サイトによれば「”備え付けることは義務”ですが、必ずしも”貼る義務”はありません。しかし、”貼るのがベスト”です」という説明が明記されています。

ですからやはり、実質的には無線機に貼り付けが望ましいでしょう。

なお、筆者は何度もモービル運用中に職務質問を受けて、そのたびに従事者免許を提示しているのですが、警察官もさすが”プロ”で、抜け目なく「もう一つ、免許ありますよねェ?」と言って、局免も求めてきます。

筆者はもちろん、備え付けが義務である無線局免許証票のシールを見せるのですが、警察官には「ダンプとかだと免許状積んでますけどねェ」と言われることがあります。

アマチュア無線家は職質の警察官とどう付き合うべき?

警察官によっては理解していない者もいますから、筆者はそのたびに「移動する局の場合、無線局免許証票というシールで証明できると法律で明記されています」と説明してきました。

さて、シールを貼り付ける場所は無線機のどこでもかまいませんが、すぐにはがれない様にハンディ機なら電池ケースの裏フタの内側に貼っている人が多いようです。筆者もそうしています。

ボディの外側に付けていると、気が付いたらはがれたりして無くしてしまう場合もあるので注意が必要です。

警察官に停止命令を受けて無線の免許を見せてくださいと言われた場合は、まず従事者免許を見せて 「局免もありますか?」と聞かれたら無線機に張り付けてある証票シールを見せましょう。

ハム本の解説者で知られる丹羽一夫さんも以下の様におっしゃっています。

「このシールが無線機が無線局免許状を正当に得ているということを証明します」

典拠元 「はじめてみよう アマチュア無線」 丹羽一夫 CQ出版社

平成30年3月1日にアマチュア局の免許証票が廃止されました

上述しましたこの証票のシールですが、平成30年3月で廃止となりました。

これは平成30年2月1日に交付された「無線局免許手続規則の一部を改正する省令」にともなうもので、平成30年3月1日からアマチュア局の免許証票が廃止となり、それ以降はアマチュア局の移動する局(いわゆるモービル運用の場合)の開局申請、再免許申請ならびに無線機の増設、または取替の変更申請時、証票(シール)の発行はされないことになりました。

免許証票については、無線局の免許状を備え付けることが難しい陸上移動局等が「免許を有していること」を明らかにするため、免許状の代わりに備え付けることを求めてきた経緯がありますが、総合無線局監理システムにおける無線局データベースの充実を踏まえ、免許状や事項書等の備え付け書類による無線局管理でも支障がないと判断したことから、アマチュア局においても免許証票を廃止するものです。

引用元 http://www.soumu.go.jp/soutsu/hokkaido/E/Ama/saishin/amah300226.htm

なお、総務省によれば、すでに発給されている免許証票(シール)はそのまま無線機に貼付していても問題はないとのことです。また、無線局免許状(局免)そのものについてはこれまで通り、常置場所(自宅)の見やすい場所に掲示することが定められており、クルマに積む規則は今後もありません。

ただ、これまで無線機に貼っていた証票のシールが廃止されることで、ハムライフjpさんでも『不法無線局の取り締まりに支障は出ないのだろうか?』と指摘されていますが、今後の警察官の職務質問はどう変わるのか、警察官の『もう一つ免許ありますよねぇ』というセリフがどう変わるのか、私たち正当に免許を受けた正規のアマチュア局にとっては興味深いところですよね。

おそらく従事者免許証の番号をパトカーの車載無線や、腰に吊った署活系無線で本署に伝え、本部や本署のリモコン担当者が総務省の総合無線局監理システム「PARTNER」(呼称:パートナーという)にアクセスして照会するのかもしれません。あるいはパトカーのPATシステムでも直接照会できるのかもしれません。

職務質問(バンカケ)とは?同じ質問を二人の警察官が何度も繰り返すことで矛盾点を追求するコミュニケーション強者がひた隠しにする壮絶テク

ともかく、総合無線局監理システムにおける無線局データベースの充実によって、証票は廃止となりましたが、今後もアマチュア無線運用時はアマチュア無線の従事者免許証の携帯は必須ですのでお忘れなく。


スポンサーリンク