忘れないで、アマチュア無線の局免は5年の期限付き!期限切れ一か月前までに再免許申請しましょう

アマチュア無線の従事者免許は期限のない終身免許ですが、もう一方の無線局免許(局免)は5年間の期限付きです。5年を過ぎて、免許をそのまま継続したい場合は再免許申請の手続きが必要です。

再免許申請とは

再免許申請の手続きについて、総務省関東総合通信局の公式サイトには以下のように説明されています。

アマチュア無線の再免許とは、免許の有効期限を5年間延長する手続きです。
申請受付期間は、免許の有効期限満了の1年前から1か月前までです。

引用元 http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/ru/ama/faq/ama_01.html

総務省の説明のとおり、申請は現有の免許の有効期限満了の1年前から1か月前までの間です。「有効期間が満了する一ヶ月前までが提出期限」となりますから、免許の満了日ではなく、免許の満了日1年前から一か月前までに再免許申請をするように注意しましょう。

スポンサーリンク

旧免許状は期限前に返納しないように注意

旧免許状は新たな免許状が届き、旧免許状の有効期限が過ぎ、効力を失ってから返納しましょう。再免許の日までは旧免許状が有効ですので、新たな免許状が届くまで誤って返納しないようにしましょう。

再免許申請は書類申請または電子申請ができる

開局申請と同様に、再免許申請も書類申請または電子申請LITEのいずれかで申請できます。

再免許後も忘れずに電波利用料を納付しましょう

開局時と同様、再免許時も免許が手元に届いたあと、すぐに電波利用料納付のお知らせである『納入告知書』が届きますので、忘れずに収めましょう。

再免許申請時に申請書とともに「前納申出書」を提出すると、電子申請の場合は申請入力の際、専用の入力欄に希望する旨を入力することで、前納ができます。

アマチュア無線もデジタル簡易無線も電波利用料がかかる!いくら払うの?

現有免許を失効させてしまった場合、以前のコールサインを再発給してもらえる?

再免許の申請受付期間は免許の有効期限満了の1年前から1か月前までとなっていますので、現有免許の再免許申請期限が過ぎてしまうと失効します。その場合、残念ながら再免許の手続きはできません。そのため、再免許申請ではなく、新たに開局(再開局)申請を行ってください。

なお、下記の手続きによって今まで使用していたコールサインをもう一度割り当ててもらうことが可能です。

1、免許の有効期間後「6ヶ月以内」の再開局の場合

開局用申請書の「無線局事項書及び工事設計書」の備考欄に、旧コールサインを記入して申請する。

2、免許の有効期間後「6ヶ月以上」の再開局の場合

開局用申請書の「無線局事項書及び工事設計書」の備考欄に「旧コールサイン希望(希望するコールサイン)」と朱記し、希望するコールサインを確認できる書類を添付して申請する。

なお、以前使用していたコールサインが、ほかの方に割当て(再割当)されていないことが再発給の条件です。

参考情報元 北海道総合通信局公式サイト http://www.soumu.go.jp/soutsu/hokkaido/E/Ama/kyucall.htm

また、旧コールサインが確認できる資料として認められるものは以下の書類などです。

そのコールサインの記載がある無線局免許状のコピー、写し証明印のある無線局事項書・工事設計書のコピー、電波利用料納入告知書のコピー、出版物であるコールブックや局名録のコピー(1枚でプリフィックス(最初の3文字)とサフィックス(それ以降の文字)が確認できるもの

出典 東海総合通信局公式サイト 「Q1-6:数年振りにアマチュア無線を再開したいのですが、以前のコールサインは使えますか?」http://www.soumu.go.jp/soutsu/tokai/denpa/kansiqa/index.html#a1-7

うっかり忘れないで!『再免許申請』

このように無線局免許状(局免)は従事者免許証(従免)と違って、5年の期限がついており、5年を過ぎた後もそのまま引き続きアマチュア無線局を運用されたい場合は、絶対に『再免許申請』が必要です。

『再免許申請』ができる期限が過ぎてしまった場合は新たに開局申請を行ってください。なお、新たに開局申請を行う場合でも、所定の手続きを行えば、旧免許状で使用していたコールサインを再発給(再割当)してもらうことが可能です。

5年を過ぎて、うっかり『再免許申請』を忘れたまま、旧局免で運用をしてしまうと不法無線局、すなわち電波法違反となりますので、十分に注意しましょう。

アマチュア無線の不法無線局の取締りとは!

スポンサーリンク