受信機は無線を聴くことができる

受信機でヤバイときと場所とは?受信機は無線を聴くことができる

広帯域受信機での受信、注意が必要な時と場合とは?大変なことになる前に!

私たちが普段から何気なく使っている広帯域受信機(ワイドバンドレシーバー)。もちろん、自衛隊や米軍施設の敷地外でこれらのエアバンドを受信する限りは何も問題がありません。 しかし、それらの施設に持ち込んだ場合はトラブルの原因…

受信機は無線を聴くことができる

デジタル・報道連絡波(放送連絡波)の受信方法

報道連絡波は放送連絡波とも呼ばれ、報道機関(テレビ局・ラジオ局)に免許された放送事業用の業務無線です。一般に番組中継のための連絡が主で事件・事故・災害現場で活動する携帯局側や上空の取材ヘリ、報道局デスク(基地局)との交信…

受信機は無線を聴くことができる

『受信改造済みじゃないIC-R6』を買ってしまう人が続出!ちゃんと言ってるのに、なぜなのか……?

  これまでの解説通り、AMのアナログ航空無線の受信には免許資格のいらない広帯域受信機(ワイドバンド・レシーバー)でOKです。なお、広帯域受信機について以下の記事でもより詳しく解説しています。 広帯域受信機で聴…

受信機は無線を聴くことができる

『洋上管制』の解説・・受信改造済みのIC-R6でも航空無線の洋上管制が聞けない2つの理由

昼間の喧騒が消えた深夜2時。広帯域受信機を5.628MHzにセット。モードはUSB。今夜はフェージングが強いようだ。ノイズ混じりに聞こえる『ピー、ボーッ・・・・・』という、どこか懐かしさを感じさせるセルコール音。それに続…

受信機は無線を聴くことができる

広帯域受信機で聴ける無線、聴けない無線は?

現在のアマチュア無線機には広帯域受信機能(ワイドバンド機能)が備わっている機種が多く、あります。 しかし、アマチュア無線機に搭載される広帯域受信機能は本格的ではありません。 そこで、アマチュア無線のみならず、航空無線や各…

受信機は無線を聴くことができる

受信機を買ったら高性能アンテナも絶対に買ったほうが良い理由とおすすめアンテナ!

さあ、みなさん。当サイトがおすすめしている広帯域受信機は購入されましたか?巨大地震のみならず、局所的な洪水、雪害による大規模停電など万が一の災害時、そして国防の最前線に立つ航空自衛隊戦闘機操縦士の任務の重要性を理解するた…

受信機は無線を聴くことができる

IC-R6(受信改造済み)のオールリセットから受信拡張状態へ戻す方法

IC-R6(受信改造済み)をオールリセットする目的はユーザーそれぞれで異なりますが、オールリセットした場合、フルカバーされた受信拡張状態からノーマルの『歯抜け』状態に戻ってしまいます。しかし、以下の方法で簡単に受信拡張状…

受信機は無線を聴くことができる

自衛隊無線の各帯域(HF、ローVHF、UHF)ごとの受信方法解説

この記事では日本国内における軍事通信である『自衛隊無線』や『米軍無線』を取り上げますが、各周波数帯の特徴や概要のみ紹介するもので、公開されていない戦術用周波数そのものは掲載しておりません。 陸海空自衛隊や在日米軍では、各…