受信機で無線を聞こう

業務無線の解説!一般の企業や団体が使う無線は「簡易無線」と呼ばれるもので、使用目的は「簡易な無線通信業務」だっ!

企業などで広く使用される無線局が簡易無線局です。 業務無線とはその名のとおり、企業から個人商店まで幅広く使用している簡易無線の周波数で、近所の酒屋のオヤジの配達や、くみ取りのバキュームカー、一般的なサービス業、金融、工事…

受信機で無線を聞こう

消防無線は2016年に全国でデジタル化完了。しかし、全ての消防無線が傍受できなくなったわけではない!

消防署と隊員、それに消防車両が連絡に使う無線を一般に消防無線と呼びますが、現在では秘匿性の向上による利用高度化および、電波資源の有効利用の観点から、260MHz帯デジタル方式に移行しているため、市販の広帯域受信機では傍受…

受信機で無線を聞こう

官庁・行政・防災無線の解説。市町村役場が放送を行う防災無線も受信可能

市役所から自衛隊まで。さまざまな公的機関の無線 その名のとおり行政機関が使用する無線です。一般的な行政部門と現業部門、市町村役場、国土交通省の道路部門、北海道開発局、土木現業所など多様な官波です。 また、防災と密接に関係…

受信機で無線を聞こう

広帯域受信機で各種無線を受信する方法解説

無線機や無線の免許が無くても、広帯域受信機(ワイドバンドレシーバー)があれば、アマチュア無線はもちろん、航空無線、各種業務無線などが受信可能です。 さて、このページでご紹介する広帯域受信機はいわゆる無線機ではないため、送…

アマチュア無線あれこれ

アマチュア無線をスマートに運用したいなら、通話表やQ符号など無線用語を覚えてしまえばメチャ便利!

アマチュア無線ではほかのさまざまな競技などのように、運用の手順やマナーのほか、用語も覚えなければなりません。 他局の交信を何度も聞くことで覚えていくのも良いですが、やはり積極的に自分で使って交信することで覚えたいものです…

アマチュア無線あれこれ

アマチュア無線のレピーターは遠距離通信ができる中継局だっ!その仕組みと使い方

レピーターは遠距離通信を可能にしてくれる便利な中継局です アマチュア無線や特定小電力無線、それにデジタル簡易無線には無線の中継設備「レピーター」が全国各地に所在し、稼動しています。 多くの場合、レピーター(装置/局)は高…

アマチュア無線あれこれ

アマチュア無線家は職質の警察官とどう付き合うべき?

車を所有しているハムの多くは、季節が暖かくなると移動運用を楽しむものですが、道の駅などで駐車場に車を止め、大きく長いアンテナを立てて発電機を回し「ジャッパアァァァン!」などと運用していると、通報されることもしばしば。 警…

ライセンスフリー無線

CB無線解説!異常伝搬(Eスポ)を使いこなせば北海道から沖縄まで交信できるのが醍醐味っ!

従事者免許(資格)および無線局免許が不要で、個人の趣味やレジャーなどのために行う連絡、企業の業務連絡に使用できる26-27MHzの周波数を使う無線を一般に、CB無線や市民ラジオと呼びます。 記事の終わりにお得な情報を記載…