アマチュア無線技士資格取得&おもしろ無線受信

誰でも取れる!アマチュア無線の国家資格の取り方を解説

アマチュア無線は級が違うと何が違う?

さて、「アマチュア無線技士」の国家資格を取得した人はアマチュア業務が許されますが、アマチュア無線技士の資格は日本では4つの級に分類されています。級が違うと、使える周波数や送信出力が違ってきます。 日本ではと断りを入れた理 […]

業務無線の解説!一般の企業や団体が使う無線は「簡易無線」と呼ばれるもので、使用目的は「簡易な無線通信業務」だっ!

企業などで広く使用される無線局が簡易無線局です。 業務無線とはその名のとおり、企業から個人商店まで幅広く使用している簡易無線の周波数で、近所の酒屋のオヤジの配達や、くみ取りのバキュームカー、一般的なサービス業、金融、工事 […]

消防無線の解説!焼肉焼いたら店燃えた!2016年3月末、全ての市町村でデジタル化が完了!しかし、全ての消防無線が傍受できなくなったわけではないので安心せよ。

消防署と隊員、それに消防車両が連絡のために使っている無線を一般に消防無線と呼びますが、現在では秘匿性の向上による利用高度化および、電波資源の有効利用の観点から、260MHz帯デジタル方式に移行しています。このため、市販の […]

官庁・行政・防災無線の解説。市町村役場が放送を行う防災無線も受信可能

市役所から自衛隊まで。さまざまな公的機関の無線 その名のとおり行政機関が使用します。一般的な行政部門と現業部門、市町村役場、国土交通省の道路部門、北海道開発局、土木現業所など多様な官波です。 また、防災と密接に関係してい […]

船舶無線の解説…実は意外と内陸部でも入感する”船舶無線”を楽しんじゃおっ!

酒屋の配達業務の無線や、生き残ったアナログ消防署活無線、それに航空無線などをひととおり嗜んで、少しばかり受信に飽きてきたキミが次に牛みたいに突撃する無線は、やっぱりロマンあふれる海の男たちの無線だ。 大海原を航行する大型 […]

アマチュア無線をスマートに運用したいなら、通話表やQ符号など無線用語を覚えてしまえばメチャ便利!

アマチュア無線ではほかのさまざまな競技などのように、運用の手順やマナーのほか、用語も覚えなければなりません。 他局の交信を何度も聞くことで覚えていくのも良いですが、やはり積極的に自分で使って交信することで覚えたいものです […]

アマチュア無線のレピーターは遠距離通信ができる中継局だっ!その仕組みと使い方

レピーターは遠距離通信ができる中継局です アマチュア無線や特定小電力無線やデジタル簡易無線には無線の中継設備「レピーター局」が全国各地に所在します。 多くの場合、レピーターは高層ビルの上や、高台、見晴らしの良い山の上に所 […]