アマチュア無線機のハンディ機のオススメと使い方

小さなハンディ機一台でお手軽運用可能! だけど不利な面もあることも忘れないで。

なんといってもハンディの良いところは、その軽さ・手軽さ・身軽さです。アウトドアやハイキング、登山ではその軽快なフットワークの良さを生かして柔軟に運用でき、車のドリンクホルダーに置けばモービルで運用(ハンドマイクを使いましょう)することだってできます。

スポンサーリンク

しかし、手軽に初められるアマチュア無線のハンディ機も、モービル機などに比べると送信出力は微小なので街中では少し不利。

でも大丈夫。高い山の上で運用すると、相手側の無線設備にもよりますが、驚くことに1.5wのハンディ機で50キロ先の局に拾って貰えることもあります。

それではハンディ機について詳しく迫ってみましょう。

大きく分けて5w程度の機種と1.5w程度の小出力機が主力。付加機能として広帯域受信機能も!

アマチュア無線機のハンディ機には大きく分けて5w程度の機種と、1.5w程度のローパワー機があります。現在、主流は144MHzや430MHzどちらかのシングルバンド、それに両方使えるデュアルバンド、さらに50Mhzや1200Mhzが使えるトリプルバンド機もあります。また、アマチュア無線だけでなく、広帯域受信機能を持った優れものまであります。

ハンディ機の中でも、最大の出力を誇るのはアイコムのIC-S25。7wまで出せます。

ハンディ機の放熱対策

モービル機ではファンが搭載されており、空冷させることができますが、ハンディ機は本体が熱くなると自動的に送信出力を低下させます。

アマチュアバンドしか興味を持たれないのなら、安価で広帯域受信機能の無い機種でも良いですが、エアバンドや各種ユーティリティ無線の受信も楽しみたいのなら、広帯域受信機能つきのモデルをぜひ選んでみてください。当サイトの広帯域受信機のご紹介ページでも触れている通り、とくに災害時の各種ユーティリティ無線傍受は防災面において、もはや必須です。

中でも八重洲無線のYAESU FT-60は比較的安価ですが、最大5W出力で144/430MHz帯のデュアル、さらに最大1000個のメモリチャンネルを搭載した広帯域受信機能もついており、人気です。ただし、ハンディ機としては重く大きいのでご注意を。

4級ならおすすめハンディ機は八重洲無線VX-3

YAESU(バーテックス・スタンダード・ブランド)のVX-3広帯域受信機能と144と430の送受信機能を持ったハンディ機で、大変人気のヒットモデルです。とにかく薄く軽いのが驚きで、通常はリチウムイオン充電池で最大1.5wで送信でき、別売のシガープラグで電源を取れば、144で最大3w、430で最大2w運用も可能です。もし自動車でのモービル運用を考えているならシガープラグも同時購入がおすすめです。

また、モールス練習機能や温度計、手元を照らすのに十分な明るいLEDライト機能、さらにアラーム機能もあり、災害時にとても役に立ちます。

どうせなら時計機能もほしかったところです(NHKラジオを聞いてれば時間はわかるから不要?)。

VX-3の上位機種として、VX-6、VX-8があります。いずれもVX-3より高出力です。


VX-3の純正アンテナは他のハンディ機の純正付属アンテナ同様に、良い物ではありませんので交換が必要です。筆者はSRH789を強くお勧めいたします。

VX-3の操作性や広帯域性能

アマチュア周波数帯域はもちろん、航空無線の受信にも大変強いVX-3の操作性や広帯域性能はどんなものでしょう。

送信可能な周波数は144MHzと430MHzのみですが、広帯域受信機能では航空無線や一般の簡易無線、消防無線の署活波などアナログ無線が受信可能です。ただし、広帯域受信の性能については、IC-R6に比べると当然劣ります。

VX-3のリチウムイオン電池は取り扱いに注意

リチウムイオン充電池を使用する無線機すべてに言えますが、バッテリーを放電させてしまうと、充電が正常に行えません。その場合はバッテリーを一旦、本体から外し、端子をティッシュペーパーで軽くふいて清掃した上で、充電器にセットしてください 。

アイコム 【受信改造済】 IC-R6 広帯域レシーバーの性能と言えば、もうみなさんご存じのとおり、文句の付けどころがないくらいに優秀ですし、なにより広帯域専用受信機ですから両者を比べるのは不公平かもしれません。それでもVX-3はスキャンが遅いものの、がんばってくれています。

なお、アンテナを上でご紹介したSRH789もしくは、モービルホイップにすると、感度がぐぐんと確実にアップします。

また、独立したラジオ放送受信機能のおかげで、ラジオ放送を聴きながらスキャンやサーチも可能。ただし、IC-R6でラジオ放送を聞いた時と同様に「サーッ」音がやはり目立つのは広帯域受信機特有のマイナスポイント。

とは言うものの、ラジオ放送を聴きながらユーティリティやアマチュアバンドをスキャンもでき、受信すれば自動的に切り替わるこの機能はダンゼン便利。NHKのニュース放送を聴きながら、各種官波のチェック&アマチュアバンドをサーチ&ワッチおよび、ことあらば144/430Mhzで救助要請もできるので、災害時絶対に頼りになるアマチュア無線機です。

山に登れば1w運用でも40キロ、50キロ先まで届く驚きの飛び!

アマチュア無線を始められる皆さんの一番の関心ごとは「自分の買った(買う)無線機はどのくらいの距離まで電波が飛んで交信できるのか」だと思います。

これはやはり、周波数、無線機の出力、アンテナの性能、ロケ、高さによって異なるので、安易な答えは出せませんが、一般的な市街地でハンディ機ですと、5キロから10キロ未満が良いところだと思います。

もしハンディ機の出力が不安なら、積極的にレピーターを使用してみよう!

レピーターの使い方のページでも説明していますが、もしハンディ機の出力の弱さに不安があるなら、遠距離交信ができる中継局『レピーター』を使用してみましょう。半径数十キロ以内に430Mhzのレピーターがあったなら、ちょっとばかり離れていても諦めず、まずは試しにカーチャンク。信号音が返ってきたならば、そのレピーターにアクセス可能です。430Mhzで1wという低出力も、レピーターにアクセスすれば、決して「使えない」ことはありませんよっ。ただし、430Mhzレピーターに対応した無線機を必ず使用してください。144Mhzの国内レピーターはありませんのでご注意を。

 

430レピーター対応機を選んでね!

アマチュア無線のハンディ機まとめ

いかがでしたでしょうか。このようにハンディ機は1Wの小型軽量機、5Wから7Wの高出力機でやや大型機、使えるバンドの多さ、それに広帯域受信機能がついたモデルなど多数ありますので、ロケーションやアンテナの工夫に面白さを見出せる自信がある人は運用スタイルに合わせてぜひ選んでみてください。もちろん、自分のアマチュア無線の級に応じたものを選んでくださいね。

このようにハンディ機はお手軽ですが、車載用のモービル機などと比べると、とてもパワーが微弱です。しかし、レピーターにアクセスできる環境ならハンディ機が『使えない』ということは決してありません。

なお、CQオームさんによると、一般的にモービル機よりもハンディのほうが、受信感度が高いそうです。

また、ハンディ機にもVX-8D(3アマ以上向け)のような高機能機があり、侮れません。

  1. 50/144/430全域が本体のバッテリー単体で5W送信可能(50MHz帯のAMのみ最大1W )。
  2. 広帯域受信機能付属で地域の事件事故防災情報の収集が可能(消防署活系、官庁ヘリ、防災無線、バス無線などにより)
  3. AM/FMラジオを聞きながら2バンド同時のデュアルウオッチ

これさえあればモービル機はいらないかも・・・!?


スポンサーリンク