vx-3-2

ハンディ機はお手軽だけど手放しでは喜べない不利な面も多い。

なんといってもハンディの良いところは、その軽さ・手軽さ・身軽さ!アウトドアやハイキング、登山ではその軽快なフットワークの良さを生かして柔軟に運用でき、車のドリンクホルダーに置けばモービルで運用(モービルアンテナとハンドマイクを使いましょう)することだってできます。

スポンサーリンク

しかし、手軽に初められるアマチュア無線のハンディ機もモービル機などに比べると送信出力がとても弱く、街中などで使う場合は少し不利。

でも大丈夫。高い山の上で運用すると、驚くことに1.5wのハンディ機で50キロ先の局に拾って貰えることもあります。ただ、長距離でつながる場合はもちろん相手側の無線設備が優秀であることも要因です。

それではハンディ機について詳しく迫ってみましょう。

大きく分けて5w程度の機種と1.5w程度の小出力機が主力

ハンディタイプのアマチュア無線機には、大きく分けて5w程度の機種と、1.5w程度の小出力で、超小型のポケトラと呼ばれるものがあります。現在、各社からさまざまなハンデイ機が登場しており、144や430どちらかのシングルバンドや両方使えるモデル、さらに50Mhzや1200Mhzが使える機種もあります。

さらに、アマチュア無線だけでなく、広帯域受信機能を持った優れものまでいろいろです。そのハンディ機の中でも、最大の出力を誇るのはアイコムのモデルで7wまで出せます。

しかし、ずっと7wで長時間使うと、本体が熱くなり持てなくなってしまいます。モービル機ではファンが搭載されており、空冷させることができますが、ハンディ機は本体が熱くなると自動的に送信出力を低下させるのが一般的です。こうなると休ませながら使うしか方法はありません。

アマチュアバンドしか興味を持たれないのなら、安価で広帯域受信機能の無い機種を。エアバンドや各種ユーティリティ無線もお聞きになられたいならば、広帯域受信機能つきのモデルを選んでみてください。

中でもFT-60は比較的安価ですが、最大出力は5w、広帯域受信もついており現在も人気です。ただし、重く大きいので胸ポケットにはとても入りません。

おすすめハンディ機はVX-3

YAESU(スタンダード)のVX-3は広帯域受信機能と144と430の送受信機能を持ったハンディ機で、大変人気のヒットモデルです。とにかく薄く軽いのが驚きで、通常はリチウムイオン充電池で最大1.5wで送信でき、別売のシガーライターケーブルから電源を取れば、144で最大3w、430で最大2w運用ができます。

ただ、付属のACアダプターで充電しながら使うことはできず、充電はオフ時しかできないので不便です。というわけで、3wで使いたければ、なおかつ充電中も使用したいのであれば、シガープラグを買わねばなりません。

でも、モールス練習機能や温度計、手元を照らすのに十分な明るいLEDライト機能など、面白くて便利な機能が満載です。アラーム音が鳴り響く機能もあり、防犯ブザー代わりになるかもしれません(とっさに押せないが・・)。どうせなら時計機能もほしかった(NHKラジオを聞いてれば時間はわかるから不要!?)。

VX-3の上位機種として、VX-6、VX-8などがあります。いずれもVX-3より高出力です。


VX-3の純正アンテナは他のハンディ機の純正付属アンテナ同様に、良い物ではありませんので交換が必要です。筆者はSRH789を強くお勧めいたします。

アマチュア周波数帯域はもちろん、航空無線の受信にも大変強いのです。

なお、VX-3のリチウムイオン電池は取り扱いに注意が必要です。これはVX-3でなくても、リチウムイオン充電池一般に言えることなのですが、とくに放電に注意しないと充電が正常にできなくなってしまう恐れがあります。

筆者も何度かやらかしてしまいました。

3時間たっても充電が完了しないどころか、オレンジ色のライトが点灯して異常を示す表示が出ました。その場合、故障扱いでサービスセンター送りなのですが、こんなことでいちいち修理をするのも嫌なので説明書に従い、端子を清掃し、何度か充電をしてみました。

その後は回復し、今では問題なく充電できています。

VX-3の操作性や広帯域性能

さて、このVX-3。まずは操作性や広帯域性能はどうでしょうか。送信可能な周波数は144と430だけですが、聞ける無線は航空無線消防無線(平成28年度で市町村波はデジタル化が完了しています)はもちろん、パーソナル無線(廃止されました)なども受信が可能です。

しかも筆者のVX-3は業界の自主規制など、どこ吹く風とばかりに受信改造されており、多くの周波数も聞こえるのです。広帯域の受信性能については、すでにIC-R6を所持していますので、やはりそれと比べてしまいます。

IC-R6の性能はと言えば、もうみなさんご存じのとおり、文句の付けどころがないくらいに優秀ですし、なにより広帯域専用受信機ですから両者を比べるのは少しフェアじゃないですよね・・・。

それでもVX-3はスキャンが遅いものの、がんばってくれています。でも広帯域受信機能については付属のアンテナでは笑っちゃうほど聞こえないと思ってよいでしょう。

しかし、アンテナを上でご紹介したSRH789もしくは、モービルホイップにすると、感度が爆ぜます。山の上に登るとなお良いでしょう。

また、独立したラジオ放送受信機構のおかげで、かなりラジオ放送は受信しやすいです。しかし、IC-R6同様に「サーッ」音がやはり目立ちます。

とは言うものの、ラジオ放送を聴きながらユーティリティやアマチュアバンドをスキャンもでき、受信すれば自動的に切り替わる機能が信じられないほど便利でした。FMで音楽やニュースを聴きながら、アマチュアバンドをサーチorメインをワッチというのはやはり便利で、とくに災害時には手放せないと思います。

ただ、操作面においてはツメを立てて押さざるを得ないほど固いボタンが、やや難儀です。これは不意の操作を防ぐことを目的とした設計思想なんでしょうね。

また、上部についたメインのゴム製ダイヤルもロック式になっており、使いにくさを感じさせます。引き上げて解除、押し下げてロックしますが、意味があまりないように思えますし、この機能のせいでむしろ望まないロックのオンオフが頻繁に起こります。その都度、パチパチと引いたり下げたり面倒くさいような。

しかもダイヤルがゴム製で大きいから、むしろ引っかかりやすい。IC-R6のダイヤルのようにはじめから小さく細くして、なおかつツルツルしたプラ製にして、不意に回らないように凹凸を小さめにすればいいのになと思いました。

また、独特の2アクション方式音量調節方法はVOLキーを押しながら上のダイヤルを回して調節します。そのため必然的に両手操作になり面倒です。IC-R6では音量のアップ・ダウンの二つのボタンがそれぞれで独立していますので、それぞれ1アクションでOKだったので少々、手間取りますね。今は慣れて片手で操作できるようになりました。

山に登れば1w運用でも40キロ、50キロ先まで届く驚きの飛び!

アマチュア無線を始められる皆さんの一番の関心ごとは「自分の買った(買う)無線機はどのくらいの距離まで電波が飛んで交信できるのか」だと思います。

これはやはり、周波数、無線機の出力、アンテナの性能、ロケ、高さによって異なるので、安易な答えは出せませんが、一般的な市街地でハンディ機ですと、5キロから10キロ未満が良いところだと思います。

先日、車で出かけた祭に少しだけ高い場所へ上ったのですが、そこで隣町の430レピーターへ試しにカーチャンクしたところ、信号音が返ってきました。車のカーナビで確認したところ距離にして約8キロです。

ICOM_IC-P7_dscn2510a

430で1wは「使えない」と思っていたのですが、実際使えます。

レピーターは、見晴らしの良い場所へ設置されるのが普通ですし、ハンディの1wでもロケによって届いて当たり前かもしれませんが、届いたときは驚いたんです。

さらに・・・70センチ弱のモービルアンテナを使ってみると、50キロ先のレピーターにもアクセスできました。

その後、標高200メートルくらいの山の上からCQを出すと、40キロくらい離れた町の局長にとってもらえて普通にQSOできました。1wに半信半疑だった筆者ですが、アンテナと高さ次第で1wでも充分に使えるんだなと思えるようになりました。

とはいえ、相手の局長さんの設備に助けてもらってる感は否めません。ハンディ機だけで近所のレピーターにアクセスできるような、うらやましい環境の方は、それなりに楽しめるでしょうけれど、「やはりハンディでお手軽開局」は間違いである可能性は否定できません。

4級で許される最大パワーの20wのモービル機などであれば、難なく少しだけ遠いところと交信も可能です。3級の50w機ならそれ以上です。一方で1.5~3wのハンディ機は山の上で使うか、良いアンテナを使わない限りは電波が飛ばないものと認識しておいたほうが良いでしょう。

研究とチャレンジ精神がアマチュア無線の基本ですし、上級者の方々はハイパワーではなく、あえてローパワーでどこまで交信できるか、アンテナやロケーションを工夫して熱心に研究されている方も多くいます。

しかし、実験より実用を求めがちな初心者の場合、あまりにもローパワーなハンディだけで開局し、結果的に「飛ばないからつまらない」とアマチュア無線という趣味をやめることにもなりかねません。

それならば、やはり最初から20wのモービル機などを購入したほうが良いかもしれません。この辺りは各自で御考慮されてみてください。

なお、CQオームさんによると、一般的にモービル機よりもハンディのほうが、受信感度が高いそうです。

また、ハンディにもVX-8Dのような高機能機があり、侮れません。

  1. 50/144/430全域が本体のバッテリー単体で5W送信可能(50MHz帯のAMのみ最大1W )。
  2. 広帯域受信機能付属で地域の事件事故防災情報の収集が可能(消防、行政、バス、マスコミ無線などにより)
  3. AM/FMラジオを聞きながら2バンド同時のデュアルウオッチ

これさえあればモービル機はいらないかも・・・!?

アマチュア無線のハンディ機まとめ

このようにハンディ機はお手軽ですが、車載用のモービル機などと比べると、とてもパワーが微弱です。ロケーションやアンテナの工夫に面白さを見出せる自信がある人はぜひ購入されてみてください。


スポンサーリンク