デジタル簡易無線機の1W機同士が付属のヘリカルアンテナを装着して交信した場合、交信できる距離は市街地で2km~3kmが良いところですが、アンテナメーカー製のロングアンテナで10~20キロ、さらにハイパワーの5W機で利得の高いモービルホイップでも使えば50キロ、高い山に登れば交信距離は300km以上も可能です。

では、どんなアンテナに付け替えると、ハンディ無線機の送受信環境の効率が上がるのでしょうか。

デジ簡もモビホで飛距離グーンとアップ!良いも悪いもアンテナ次第!ビューンと飛んでく電波!ローパワーでも運用方法の工夫次第でケロヨン現象とはおさらばさっ!

デジタル簡易無線登録局の最大送信電力は5Wです。これは国家資格を必要としない無線局の中では最大の送信電力であり、十分実用的です。現在、市場では1Wと5Wの主流2種に加えて、2.5Wのモトローラ製品も発売されています。

もっとも、無線の交信距離はアマチュア無線でもそうであるように、自分がローパワーのハンディ機であっても相手局の無線設備が固定局か移動局か、標高、八木アンテナかなどによって如何様にも変わります。電波の強い相手の電波は自局に届いても、自局の電波は相手に届かない場合もあります。

筆者が試したところ、自分がハンディ1WでダイヤモンドのハンディアンテナSRH350Dで畑の真ん中、相手局が高速道路を移動中の5W局のモービルホイップで、見通しが開けている場合、12キロ程度までは交信ができました。相手が離れていくたびに途切れてケロケロ鳴いて、最後はぱったりと受信できなくなりました。

電波がわずかに受信できていれば、雑音交じりでも音声が音声としてなんとか聞きとれるアナログのアマチュア無線に対して、デジタル無線は電波が弱くなると音声として全く復調できないところが、災害時などではやや不安とも言えます。

デジタル簡易無線で『ケロケロ』とか『ケロる』という言葉の意味は?

木村卓球屋のホップステップスマッシュではありませんが、よくデジタル簡易無線で『ケロケロがひどい』とか『ケロる』という言葉を聞きます。これはデジタル変調特有の現象で、まるでカエルのゲロゲロ、ケロケロのように聞こえる特有の変調状態のこと。

ただでさえ、人間の声がなんだか鼻声のような甲高い音に変調されてしまうデジ簡。デジタルという最新技術を使っていながらも、その音質はアナログのアマチュア無線のFMとは比べ物にならないくらい低品質で、慣れないうちは聞き取るのに苦労します。それに加えてケロケロ鳴かれた日にゃあ・・・。

アマチュア無線をはじめとするアナログFMでは距離が遠くて電波が途切れ途切れになっても、復調は意外とスムースに聴き取れます。ところがデジタル変調方式では途切れそうになると、音声が途切れてしまい、ゲロゲロっケロケロっとなってしまいます。これが噂のケロヨン現象。ケロヨンが発動すると、交信が困難あるいは完全に不可になってしまいます。

解決策は相手との距離を縮める、ロケのよい場所に移動する、利得の良いアンテナにカエル、また来週・・のいずれかになるかと思います。

NG!これでは電波が飛ばないし、受信感度も最悪!

デジタル簡易無線はそのデジタル変調方式の性質から、アナログのアマチュア無線に比べると、市街地では交信距離が低下してしまいます。また、その使い方次第でも電波の到達距離を縮めてしまいがちです。

とくに初心者にありがちなのは車内でハンディ機から本体付属のヘリカルアンテナで送信してしまうこと。

車の中は電波を吸収してしまう鉄の箱の中と同じ。電波はほとんど飛ばず、相手の電波もよく受信できないと思ったほうがよいでしょう。それ自体はアマチュア無線のハンディ機の場合と同じですが、デジタル簡易無線ではもっとシビアです。

電波が弱くてもなんとか雑音交じりに聞こえるアマチュア無線といったアナログ無線と違って、デジ簡は電界強度が弱いと正常にデジタル復調されず、良くて断続しながら受信ができるケロヨン状態、最悪の場合はスパッ!と一切聞こえないのですから。

クルマの中で頑張ってCQを発しても、半径1キロしか飛んでいなかった・・なんてこともあり得るのでモービル運用では注意したいポイントです。付属の短縮ヘリカルアンテナしかないのなら、車からチョッと降りて見通しの良い場所に立ち、ハンディ機を手に持って、思いっきり相手の方角に向かって電波を飛ばしたほうがベスト。

また、どうせなら1W機よりも、ちょっと高いけど5W機を・・・と安易に考えがちですが、まずは以下のことを試してみましょう。

デジタル簡易無線モービルホイップ・アンテナを使えば飛距離アップ!

どうせ車なら、モービルホイップ・アンテナを使ってみるのも良い選択です。とくに寒い秋や冬などは、車から降りたくないものです。そんなとき、車内でヌクヌク快適に送受信できる車外アンテナ『モービルホイップ・アンテナ』を使ってみましょう。

やはり、ハンディ機用のヘリカルアンテナと車用のモービルアンテナを比べると『飛びはベツモノ』と言えますよ。

デジ簡にアマチュア無線用アンテナを使うことは認められていませんが、アマチュア無線用の一般的なM-P接栓の基台などの流用は可能なので、すでにアマチュア無線用の基台やケーブルを持っていて車に設置している人なら、デジ簡用アンテナのみ買えば、すぐに運用可能です。

そして、最初からマグネットベースがセットになったお得なアンテナ・シリーズがこちらの全長20センチ弱のMR350Sと80センチ弱のMR350の二種。

第一電波工業 ダイヤモンド 351MHzデジタル簡易無線用アンテナ 車載用 22cm MR350S

第一電波工業(ダイヤモンド) 351MHzデジタル簡易無線用アンテナ(車載用) MR350S

マグネット基台タイプのアンテナは車以外でも、自宅のベランダの金属サッシ部分などにペタリと置いて貼り付ければ、クルマでデジ簡をモビホで使った時と同様に交信距離をグングン稼ぐことも可能。

第一電波工業 ダイヤモンド 351MHzデジタル簡易無線用アンテナ(車載用・マグネットマウント式)83cm MR350

第一電波工業(ダイヤモンド) 351MHzデジタル簡易無線用アンテナ(車載用) MR350

なお、この2種のアンテナはアンテナと基台のネジ口が専用設計になっており、MP接栓やSMJ接栓のほかのデジ簡用アンテナを取り付けることはできないので注意したいところです。安い理由はそういうこと。

安くても性能は抜群。短いMR350Sでもモービル同士で50キロ以上離れて交信できました。

なお、デジ簡専用アンテナを使ってアマチュア無線機で送信はしないでください。専用設計されていませんので、送信した電波が無線機の内部回路を損傷させる可能性があります。ただ、送信をしない広帯域受信機用のアンテナとして利用することは性能上、全く問題ありません。27、118、120、130、140、150、240、365、466、各帯域にわたって受信感度はたいへん良好でした。

デジ簡のアンテナを目立たせたくない!・・という場合のアンテナは?

前述のとおり、デジタル簡易無線(登録局)では技適許可されたアンテナのみが使用できます。アマチュア無線のように自分で研究して作ったアンテナなどは使用できません。また、アマチュア無線用のアンテナを使うことも許されていません。

しかし、さまざまな理由から、無線用アンテナを秘匿したい考えの人もいるでしょう。351Mhzではアンテナを比較的短くできるので、車載用アンテナもあまり目立たせないで運用できます。また、偽装させて目立たないようにしたい、という方向けにはシャークフィンアンテナや、ユーロアンテナも発売されています。

コメットのドルフィン型アンテナ。各色あります。

こちらはユーロアンテナ・タイプ。両面テープでルーフに貼り付けるタイプのアンテナで全長は50センチ弱。面白いことに航空無線もばっちり受信感度が良いようで、ラジオライフで詳しく解説されているので以下の記事を読んでみてください。

VHF帯エアーバンドにデジ簡登録局用アンテナ

ただ、覆面パトカー用のユーロ偽装タイプに比べると、日本車で主流の純正ユーロアンテナとはかけ離れた外観で、欧州車本来のユーロアンテナに近いものと言え、目立つといえば目立ちます。シャークフィンアンテナも軽自動車では大きくて不格好といえるでしょう。

このように現在市販されているデジ簡用のアンテナは複数ありますが、アマチュア無線用のアンテナに比べると大変数が少ないでしょう。今後、アンテナメーカー各社からさらに多くの種類のアンテナが発売されることを期待したいところです。

車外アンテナ、モービルアンテナのまとめ

筆者は最近、1W機でもモービルホイップを利用すると、驚きの50キロ交信が実現できました。さらにその後、相手が300メートル級の山頂移動、こちらが平地の場合でも80キロの距離で交信ができました。

モービルホイップを使うことで、アマチュア無線のハンディでもそうであったように、1W機のデジ簡機でも十分に実用の範囲で使えるということを体験できるはずなので、皆様も、高い5W機を買う前にぜひ一度、モービルアンテナを使ってみてください。


スポンサーリンク