この制度は1989年から制度化されたもので、正式名称は無線電話用特定小電力無線局(以下、特定小電力トランシーバー)と言います。特定小電力トランシーバーは量販店やホームセンターでも1万円以下から、2万円程度で販売されており、誰でも買えて最も手軽に使える資格不要のトランシーバーです。

当初は呼出名称記憶装置の搭載が義務付けられており、メーカー名と製造番号が自動で送信されるようになっていましたが、現在は廃止されています。

一般的にチャンネル数の多さや秘話機能、同時通話などといった機能を備えるほど高価になっています。

サバイバルゲームやキャンプ、ドライブなど、レジャーの連絡手段に使う人が多くいる一方、業務にも使用可能なので、屋外や店内業務などにも使えます。

スポンサーリンク

業務で使用される現場には、広い工場や工事現場などがあります。例えば、地上のクレーン車のオペーレーターと建設現場のビルなどの上階の作業員との連絡。また、交通誘導の警備員が片側交互通行で流したりとめたりする場合にも使用しています。

そのほか、パチンコ店や大型ショッピングセンターの従業員が、品出しのやり取りをする際にも使っていますから、業務利用はとても多いと言えるでしょう。

このようにライセンスフリーの無線機としては、もっとも手軽であり普及していると言えます。

なお、念のために書きますと特定小電力無線局とアマチュア無線機との交信はできません。

特定小電力トランシーバーは電波利用料も不要

特定小電力トランシーバーのもっともすぐれた利点は届け出も電波利用料も不要ということでしょう。

アマチュア無線であれば、年間300円の電波利用料や、開局の申請手数料で数千円が必要ですが、特定小電力トランシーバーは事実上、購入価格のみで使用できますから、たいへんお得と言えます。

ただ、無線局としての申請が不要ということはコールサインが付与されないということでもあります。

そのため、レジャーなどや特定小電力トランシーバーでCQを出す際に識別を付ける必要がある際は各自が好きなコールサインを名乗るのが慣習になっています。

特定小電力トランシーバーでも、CQを出そうと思えば出せる

レジャー用として使用が許されており、不特定多数の人との交信も可能です。アマチュア無線の様に高い山の山頂からCQを出している愛好家もいます。しかし、業務で使用している局との混信に注意をしなければなりません。

出力は弱いが、山の上では20キロ以上通話でき、中継装置の使用もOK

10mW(0.01W)という、たいへん弱い出力では、交信距離が平地では1キロ程度であり、デメリットと言えますが、中継器の使用も認められており、通話距離を伸ばすことも可能で愛好家が遠距離通信実験を行っています。なお、アンテナは本体から取り外せず、交換も法律で認められていませんから注意が必要です。

レジャー用とビジネス用の違い

遊びなどレジャーに使用することを想定された機種と、業務に使用することを想定した機種の二つがありますが、具体的にはチャネル数がそれぞれで分かれています。

機種によっては通話できないデメリットも

アナログとデジタルの場合やメーカーが違うと、チャネル数の関係で通話できない場合もあります。ですから、できるだけ、同じ製品で交信するほうが無難と言えます。


スポンサーリンク