アマチュア無線ではほかのさまざまな競技などのように、運用の手順やマナーのほか、用語も覚えなければなりません。

他局の交信を何度も聞くことで覚えていくのも良いですが、やはり積極的に自分で使って交信することで覚えたいものです。このような専門用語を理解してオペレートしていくことで、チョットかっこいいハムになれますよ。

このページでは「国際電気通信連合憲章に規定する無線通信規則」で国際的に規定されたQ符号(キューふごう、Q code)および、アマチュア無線で一般に使われることの多い用語を解説します。中には日本国内でしか通用しないシャレオツな用語もあります。

スポンサーリンク

最初は難解ですが、普段よくつかわれる用語は大体決まっています。

例えばFBは「大変良い」とか、「素晴らしい」という意味。逆にBFはその反対、つまり「悪い」といった具合です。セブンティースリーは「さようなら」という意味です。

筆者も最初は「セブンティースリー(さようなら)」などの無線用語を使うのは何か、こっぱずかしい気がして、戸惑いながら、噛みながら使いはじめていました。

現実には『アマチュア無線用語』と『アマチュア以外の無線用語』が入り混じっている

実は現状のアマチュア無線では、ハム以外の無線用語も入り混じって使われています。個人的に驚いたのは「お稼ぎください」という用語。もともとはアマチュア無線以外のCB無線やパーソナル無線用語だったようですが、「仕事で稼ぐ」という意味ではなく、交信局数を稼ぐといった意味です。ちなみに「仕事」は「コマーシャル」と言います。とまあ、最初はびっくりしましたが、これらのハム以外の無線用語もなかなか興味深いものです。

ただ、厳密には正規のアマチュア無線用語ではないので、気心の知れたフレンド局以外のOMさんとの初交信で使うと失礼なので、おすすめはできません。

1993年に出版された『まんがでわかるハム用語 (CQ comics) 』という本では、 前述した「お稼ぎください」も『お稼ぎくださいって,なにを稼げばいいのだろう』という章で紹介されているほか、ハム用語だけでなく、交信方法も詳細に解説されているので、用語などについてさらに興味があれば一読してみてください。


Q符号を格好よく使えるようになると、もうプロのハム

Q符号(キューふごう、Q code)とは、国際的に無線通信において用いられるQを頭文字とする3文字の略記号のことで、単に略符号とも呼ばれます。具体的には下記のようなものです。これもまた、マスターしないと会話についていけないことがあります。Q符号こそがアマチュア無線の基本的な正規の用語と言えるでしょう。

Q 符 号
QRA?貴局名(または個人名)は何ですか。
QRH?こちらの周波数は変化しますか。
QRL?そちらは通信中ですか。
QRM?そちらは混信を受けていますか。
QRN?そちらは空電に妨げられていますか。
QRO?こちらは送信機の電力を増加しましょうか。
QRP?こちらは送信機の電力を減少しましょうか。
QRS?こちらはもっと遅く送信しましょうか。
QRV?そちらは用意ができましたか。
QRX?そちらは何時に再びこちらを呼びますか。
QRZ?だれかこちらを呼んでいますか。
QSB?こちらの信号にはフェージングがありますか。
QSP?そちらは,無料で………へ中継してくれますか。
QSQ?そちらには誰それさんがいませんか。
QSY?こちらは他の周波数に変更して伝送しましょうか。
QTC?そちらには送信する電報が何通ありますか。
QTH?そちらの位置(市町村など)は何度(どこ)ですか。


実際の交信では、「私のQRAはタナカ、QTHは○×県○×市です」とか、「QRZ、誰かこちらを呼びましたか?」こんな感じで使います。

通話表(フォネティックコード)を覚えよう!業務無線の国家試験でも実技試験として出るよ!

さて、アマチュア無線をやるならば、やはり通話表(つうわひょうまたはフォネティックコード)も覚えておいたほうが良いでしょう。アマチュア無線のみならず、航空特殊無線技士の試験にも出ます。

映画などで聞いたことがある人もいると思いますが、現在無線で使用されるフォネティックコードは欧文通話表と呼ばれるもので、Aならアルファ、Bならブラボー・・などと言い換え、聞き間違いを防ぐ目的で使用されています。

アマチュア無線でも実はとっても重要なコードです。これを覚えてしまえば、航空無線でもフォネティックコードが理解できますし、将来、航空特殊無線技士などの無線資格を取る際にも通信術の実技試験として出題されるので、興味があるならば覚えてしまいましょう。

文字使用する語文字使用する語文字使用する語文字使用する語
AAlphaHHotelOOscarVVictor
BBravoIIndiaPPapaWWhiskey
CCharlieJJulietQQuebecXX-Ray
DDeltaKKiloRRomeoYYankee
EEchoLLimaSSierraZZulu
FFoxtrotMMikeTTango
GGolfNNovemberUUniform

実は筆者も航空特殊無線技士の受験をしたのですが、送話はまったく苦労せずに覚えることができて、本番でも試験官の前で緊張することなく、正確に一文字も間違わずに言うことができました。

もちろん、「はじめます、本文」も最後の「終わり」も、確実に発しました。

しかし、想像以上に難関だったのが、書き取りを行う受話の実技試験。焦って一文字逃し、結果は不合格に。

アマチュア無線で使われるフォネティックコードと違うようだけど!?

とはいうものの、アマチュア無線では上記の正規表現のほか、独特のコードを用いる場合があります。たとえば「J」は本来のフォネティックコードでは、『ジュリエット』ですが、アマチュア無線では『ジャパン』と呼ぶこともあります。さらにEは「エドワード」、Zは 「ザンジバル」、などと表現する局もいます。「ジュリ・エイト」というのはよくわかりませんが・・・。

筆者も初めのころの交信ではまったく理解できず「すみませんが、もう一度・・・」と何度も相手局に聞き返し、最終的には正規のフォネティックで返してもらい、めげたこともあります。

もちろん、これらの正規ではない表現を非正規な表現と切り捨てるのではなく、日本のアマチュア無線文化のなかに根付いているものですから、理解しておけば、さらに交信の幅が広がります。

ただし、前述の『航空特殊無線技士』などの実技試験を伴う資格試験では、正規のフォネティックコードが基本なので、使わないようにご注意を。

和文通話表もあります

また、「あさひのあ」、「いろはのい」など、無線電話通信に使う通話表で、日本独自の和文通話表もあります。

和文通話表
朝日のアはがきのハ
いろはのイ飛行機のヒ
上野のウ富士山のフ
英語のエ平和のヘ
大阪のオ保険のホ
為替のカマッチのマ
切手のキみかさのミ
クラブのク無線のム
景色のケ明治のメ
子供のコもみじのモ
桜のサヤマトのヤ
新聞のシ  
すずめのス弓矢のユ
世界のセ  
そろばんのソ吉野のヨ
タバコのタラジオのラ
チドリのチりんごのリ
ツルカメのツるすいのル
手紙のテれんげのレ
東京のトローマのロ
名古屋のナわらびのわ
日本のニゐどのゐ
沼津のヌ  
ネズミのネかぎのあるゑ
野原のノ尾張のヲ
  おしまいのン

例えば以下のように使います。

田中さんが自己紹介する場合には

「私の名前は、タバコのタ名古屋のナ為替のカ、タナカと申します」

鈴木さんが自己紹介する場合には

「私の名前は、すずめのス、すずめのスに濁点、切手のキ、スズキと申します」

などと、この和文通話表を使って自分の名前や、無線では伝えにくい複雑な名称などを相手にわかりやすく伝えることができます。


スポンサーリンク